これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

11/11
2013

1

地グモの独り言

いや~。いっときは本当に住みにくかった。
ボクらの仲間もいなくなるし、何と言っても
餌がぜんぜんないんだ。

人間たちが、除草剤とか農薬とか
称する白っぽい液のようなやつを
撒くもんだから、棲家もなくなるし、
何と言っても餌がなくなる。

ボクらの餌!?
人間界では昆虫といわれている小さい虫たちだよ。
アリやダンゴ虫も食べるよ。
やっぱり、幼虫の方が好きかな。

ところが、ここの畑は、最高。
この畑の主人は例の白い粉も霧のようなものも一切撒かないし、
結果、何と言っても土がホクホク。

だから、ボクらの餌もあちこちにいるし(?)あるし、
仲間もたくさんいるんだ。

もちろんボクらは、人間たちが大切にしている
植物(野菜)には一切手を出さないし(興味ないし)、
それを蝕む害虫と言われる虫たちをよく食べているんだ。
結構、好物なんだ。

ほらほら、この畑には、あちこちにボクらの仲間、
地グモがいっぱいいるだろう。

だから、畑の見学はかまわないけど、
ボクらを踏まないように気をつけてね。

また、来るときには、ボクのDNAを持った地グモたちで
出迎えるから。
一千匹くらいで出迎えようか!じゃ、また!

なんて、地グモの独り言が聴こえてくるような、
関野さんの自然栽培の畑だった。

実はこの畑で採れた野菜をみんなで食べたのだが、
甘みがあってとにかく美味しかった(≧∇≦)
関野農園は生物多様性に合致した、共存共栄の畑だったのだ。


1

地グモの声が聴こえた気がする

2

無農薬で育つとうがらし

5

スクスク育っている

3

青々として美味しそう

4

みんなフカフカの土で育っているのだ

6

甘みがとてもあった!

ページTOPへ