これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/20
2014

moba (2)

老舗の奥行が、共感を呼ぶ

「なんと言ってもどぜう鍋は、
『一物全体食』ですから、栄養を丸ごと
体に取り入れることができるんです。
ネギと一緒に召し上がると、
カルシウムの吸収もいいですし…。」

“パンパン”(係の者を呼ぶ手打ち)
「ネギを持ってきてあげて!」

この小気味のいい六代目当主の話と所作。
さすがだ。200年を超す老舗の当主。
粋だねぇ~。

ここは浅草の“駒形どぜう”。
建物もその江戸の風情がいっぱいだ。

ところで…。
何で“どじょう”を“どぜう”と書くのか!?
だれもが不思議に思っているはず。

ついにその疑問に答えが…。
なんとこの“駒形どぜう”がその元祖だった。

実は、初代越後屋助七の発案。
1806年の江戸の大火によって店が類焼した際に、
「どぢやう」の四文字では縁起が悪いと
当時の有名な看板書きに頼み込み、
奇数文字の「どぜう」と書いてもらったという。

これがきっかけで評判を呼び、店はたいそう繁盛した。
江戸の末期頃には、他の店もこの繁盛にあやかって
「どぜう」と書き換えたそうだ。

何事もそこには“わけ”がある。
やっぱり“わけ”をわかって話をしないと
説得力に欠けるからねぇ~。

それにしても、先に味わった
老舗「野田岩」のうなぎもこの「駒形どぜう」も、
しっかり味わい、当主の話を聴かせてもらうと、
200年以上も継続している“わけ”が伝わってくる。
老舗の奥行は深いねぇ~。

ここで、ファイ~~~ン!
(中島流ひらめきサイン。アイ~ンではないよ)

やっぱり“幅より奥行!”
よく“幅と奥行”という言葉を使うが、
これからは“奥行”こそが大切に思えてならない。

上辺だけではない、奥行こそが
多くの人たちの共感を生むのだ。

ビジネスにおいては、幅ばかりをPRして
奥行のない仕事をする会社が多いからねぇ~。

moba (1)

風情を感じる

moba (2)

来た来た♪どぜう鍋

moba (3)

小気味のいい六代目当主

moba (4)

ねぎをドバっと!

moba (5)

堪能させて頂きました!

ページTOPへ