これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

02/03
2014

moba1

“犬も歩けば、棒に当たる”

“犬も歩けば、棒に当たる”
これはよく耳にする諺。

“スマホで歩けば、人に当たる”
これはこのところ目にする光景。

当然だが、似てはいるがその意味は
かなり違う。

先日も前方からの歩きスマホの若者を確認し、
自転車を停車。

それでも若者は気づかず前進し、
私の自転車に当たることに。
オイオイ…。

とにかく駅も、歩道も“歩きスマホ”だらけ。
危険は向かうからやってくるのだ。

いやいや、今回はこんな“歩きスマホ”の
注意喚起をしたいのではなく、
本来の“犬も歩けば、棒に当たる”について
改めて共感したという話。

先日も紹介した、陸前高田の
被災地支援ツアーへの同行。

そこには、たくさんの出会いとリアリティのある情報があった。
そして、子供たちの無邪気な笑顔には感動をもらえた。

そして、今月19日に予定されている掃除の記念大会への協力。
そこではプロ棋士の羽生善治氏、作家の山本一力氏、
北原照久氏への取材が事前にあり、
思わぬいいお話をたくさん聴かせてもらった。

また、所属している会(ニュービジネス協議会など)の
ちょっとしたイベントにも、
どうにか時間を調整して参加してみると、
新しい出会いがあったり、面白い情報に出会えたりするのだ。

「犬も歩けば、棒に当たる」。
言い方を変えれば、“犬も歩かなくては、棒にも当たらない”
ということ。

自分で機会をつくらなくては、
新しい出会いもないし、チャンスも幸運も巡ってこないのだ。

毎朝の街頭清掃でも、道案内をすることがあったり出会いも多い。
そのつど、いろいろなことに気づかされている。

昔、野良犬たちは行く先で人々に
棒で追い払われたことから、この諺はきているという。

じゃ、歩くと災難がやってくるってこと?
もちろん、その意味もあるが…。
その事によって犬は、この人は棒で追う人か、
それとも優しくしてくれる人か、
人を見る目が育ぐまれていったとか…?

すなわち、幸運が来ようが災難が来ようが、
行動を起こせばいろいろな出会いがあったり、
学びがあるということだ。

さて、今日も何かの棒に当たりに行こうっと!

moba1

お父さんも

moba2

ハチ公も棒に当たるのか?

biji3

チャンスをつかみに歩く!当たる!

syn

羽生さん

ページTOPへ