これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

02/17
2014

moba1

850人をひとつの世界観に引き込むワザ!

2月19日には、850人を超す人たちが
新宿のハイアットリージェンシー東京に集まる。
1平日の水曜日なのに、である。

なにが開催されるのかというと、日本を美しくする会20周年、
鍵山掃除道50周年の記念大会イベントだ
(わかりやすく言うと“掃除”をテーマにした会のイベント)。
もちろん日本中から多くの人たちが…
あっ! 台湾からも来てくれる予定だ。

私は、日本を美しくする会の広報担当である世話人を
やっていることもあり、このイベントを意味ある機会に
することがミッションと言えるだろう。

集まった人たちの満足はもちろん、
会の今後の活性化に奏功できるイベントとすることだ。

このところのイベントでは、全体の構成や流れづくりも
企画展開するのだが、やっぱりポイントとなるのは、
あちこちにはめ込む映像の質。

この映像こそが、全体の流れをも演出してくれるのだ。

そこで、我が社のクリエイティブを
活かした映像づくりが必須となる。

今回の記念大会では、鍵山相談役の50年の歩みを
編み込んだオープニング映像が何と言っても
重要な役割を担う。

ここで850人の気持ちをひとつの
世界観に染め上げなくてはならない。

これがうまくいくと、その後の出しものや
スピーチがスムーズに、そしてしっかりと
染み込んでいくのだ。

そして、その後の交流会の場にも映像を用意して、
850人の思考を集約しようとしている。

果たして、アルコールの入った時間帯で
うまく注目してくれるかがポイントなのだが…。

とにかく、動画映像は、伝えたいことを短時間に
集約できる点がすばらしい!

人が話をしたら15分かかるものを、
3分で伝えることが可能となる。

それも観ている人に興味を持たせ、
リアルにわかり易くコミュニケーションできるのである。

イベントだけでなく、ちょっとしたプレゼンテーションにも
映像はかなり効果的だと言えるだろう。

これからは、いかに動画映像をうまく使うかが、
そのイベントの成否にかかわってくるということだ。

なんて、いろいろと語っといて・・・。

さて、来たる2月19日、その映像が奏功して
イベントが素晴しいものになったという報告は、また来週!
(+o+)や(>_<)にならないことを祈ってほしい。

moba1

鍵山相談役

moba

映像を用いて会場をひとつに!

moba2

いよいよ今週だ!

ページTOPへ