これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/15
2013

Exif_JPEG_PICTURE

“ホッケの配慮”が選ばれる

「すみません。大きい皿をもうひとつください」
と、若いアルバイト風のスタッフに私が依頼。

ハイと言いながらも、いぶかしげな顔をして、
カウンター内にいる、マネージャー風メガネスタッフに
「カウンターのお客さまが大きな皿が欲しいと…」。

するとするとだ…そのマネージャー風
メガネスタッフは、いま私たちのカウンターに
出されたばかりの熱々の“焼きホッケ”を
一度下げるように指示。

そして、大きな皿2つに半分ずつ分けられて
ホッケが再登場! となったのだ。

お~さすが、マネージャー風メガネスタッフ!
いい察知力!

これは北海道帯広でのことだったのだが、
この日は、営業しているお店が少なく、
夕方の早い時間だったのだが、
どのお店も予約でいっぱい。

私たち4人連れがやっと辿り着けたのは、
横一列のカウンタースペースだったというわけ。

注文した焼きホッケが、特大で美味しそうだったのは嬉しいが、横一列の端の私が、熱いうちにホッケを
口に運ぶには、難関がいっぱいだったのだ。

そこで、分け皿をお願いした次第。

この気の利いた瞬時の配慮が、
ホッケをより美味しくさせ、みんなの話は弾み、
そして、みんなの好感度アップにつながるのだ。

よし、このような気の利いた瞬時の配慮を、
“ホッケの配慮”とネーミングしよう。

実は、これらのサービス業では、
この“ホッケの配慮”こそが
重要に思えてならないのだ。
一時の、“お金”に作用や、“お口”に作用より、
“心と記憶”に作用する“ホッケの配慮”なのだ。

価格争いにならなくても、特別なプレミアムに
頼らなくても、多くの人が選んでくれる理由。

中島流、サービス業の、キメ手。
それが、“ホッケの配慮”というわけ。

ふむふむ。いいネーミングだ。

Exif_JPEG_PICTURE

北海道での出来事。

Exif_JPEG_PICTURE

熱々のホッケ

Exif_JPEG_PICTURE

おいしかった!

ページTOPへ