これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

05/12
2014

moba3

伊那のグリーンファーム、繁盛の理由

「あの帽子の女性は、生産者ですねぇ~。
年間1,000万円以上稼いでいるんですよ」

その60代と思われる女性は、
その声で小林会長だと知ると、
「本当にグリーンファームさんのお陰で、
良くさせて頂いてます」と
(その時、午後の追加納品に来ていたようで、
いくつもの花の苗を追加していた)。

一般のお客様もたくさんいるが、
生産者の方々も休日ともなるとたくさん
出入りしているという。

ところが、この生産者の人たちも、
購入者となるところがここの面白いところだ。
生産者であり、お客様でもあるということ。

私がお邪魔した日は、
ゴールデンウィーク中だったこともあり、
レジは、常にたくさんの商品を
かかえた人たちでいっぱい。
まさに行列のできる繁盛店状態なのだ。

何と、年間60万人が訪れるという。
産直市場としては、もちろんトップクラスの集客力。

この商品の新鮮さが人を呼ぶのか、
それともこの活気が多くの人たちを引きつけるのか?

とか、考えていたら…えっ! ヒキガエルが売られている!
一匹500円のプライスカードが…。

プラスチックの大きな桶の中には、
たくさんのタニシとヒキガエルが一匹だけ。
実は、7匹いたのだが6匹は買われていったのだという。
?? 買われたヒキガエルには、どんな未来が…。

それはさておき…。

産直市場グリーンファームは、
畑で採れる野菜やくだもの、
山で採れるきのこや山菜が中心なのだが…。
思いもよらないものがあちこちにあるのだ。

駐車場のそばにある青空市場には、
2mほどの枕木が売られていたり、
「人気の赤石です。庭造りにどうぞ!」なんて
書かれたショーカードを伴って大きな石も
売られてたりする。

あっちには薪やドラム缶まで…。
こっちには錦鯉、そしてヒヨコも鳴いている。
こりゃ、つい来てみたくなるねぇ~。
季節によって当然採れるものも変わるわけだし、
とっておきのサプライズ商品も
常にしかけられているようだし…さすがだ。

やっぱり、繁盛市場にはシナジーがある。
それも、しかけられたシナジーが。
そして、立地の悪さを十分に克服できるだけの
効果をもたらしている。

さすが、小林史麿(ふみまろ)会長。
あっ、あっちにはいろいろな動物もいるが、
なんと“クマ”もいるではないか!

もしかしたら値段がついていたりして!?
************************
   6月には小林史麿会長が
  InterFM BUSINESS LAB.に登場☆
繁盛店の理由を語ってもらいます。お楽しみに!!
************************

moba1

生産者!

moba2

グリーンファーム

moba3

「これでも本部です」!!!

moba4

ヒキガエルが500円!?

moba5

本当に売られている・・・

moba6

クマ!?「太郎ちゃん」

moba7

この子も売られているのか!?

ページTOPへ