これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

05/19
2014

moba1

推して知るべし、“おもてなし経営企業”

エレベーターを降り、入口の扉を開けると
「クオーターバック中島セイジ様いらっしゃいませ」
のWelcomeboardが…。

そして、100人を超すスタッフが
立ち上がり、私に向け「いらっしゃいませ」の
一言を発するのだ(げっ! まいったなぁ~気分)。

思わず、オリンピックの入場行進のように、
手を振った方がいいのではと思ったほどだ
(後で、ここのスタッフの人に、
手を振って応えようと思ったのですが…
と言ったら大笑いされてしまった)。

そして、やっと会議室に入ると、
トレイに水の入ったグラスを
乗せた女性スタッフがやって来て、
メニューを開きながら「何になさいますか?」の応対。
まるで喫茶店かと間違えるほどの接客なのだ。

ちなみに、ここは会計事務所なのだが…。
とにかく、恐れ入る。

実は、先般の“おもてなし経営企業”に
選出されたのだ。

いまやお客様は全国に1,800社を超える。
そして、創業からの31年間、ず~っと増収を
続けているという。
すばらしい。

30年以上の継続もスゴいが、
その拡大の実績も立派だ。

だからと言って、このWelcomeboardや
起立しての挨拶、お客様のオーダーを
聞いてからのお茶出し対応が、
この実績に直接つながっていると
思ったわけではない。

これだけの実績は、
これらの表向き対応だけでなく、
もっともっと奥行ある展開があってのこと。

ときどき企業視察する経営者で、
これらを体験して自社でも
すぐ取り入れようとする人もいるのだが…
(はっはっはっ、表向きをいくら真似したところで
実績にはつながらないもの)??

ここで重要なのは、徹底の度合い、
すなわち密度だ。

帰り際、いろいろとチェック
させていただいたのだが…。

入口近くの机の前に揃えられた靴の跡が
カーペットタイルにあるではないか。

何とその机は社長の机であり、
誰もが朝一でそこに立ち、
社長に挨拶するのが日常だという。

そして、いま出掛けるスタッフが、
入口付近の別の靴跡に立ち
「〇〇会社に出掛けて来ます」の大きな声。
いや~とにかく徹底している。

見た目のカッコウより
その実を優先するということを実践している。

6月初旬には、ここの社長(所長)の
“BUSINESS LAB.”ゲストインタビューが
予定されているのだ。

どうしたらここに行き着いたのか
31年の道のりを是非、聴いてみたい。

そう言えばこの会社では、
学校のトイレ掃除も社員全員で
取り組んでいるんだよねぇ~。

この密度は、推して知るべし!
さて、弊社では何を取り入れようかなぁ~(ははっ)。

moba1

私のためのウェルカムボード!

moba2

古田圡社長

moba3

おもてなし経営企業!!

moba4

moba5

社長のデスク

ページTOPへ