これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

05/26
2014

moba1

パン・アキモト“きらむぎ”の存在理由

「まだ2年目ですし、うまく対応できるか
不安も多いですが、ワクワクしています」

「あと1カ月切って、お尻に火がついた気分です。
やることいっぱい、頑張ります」

若い人たちのコメントは素直でいい。
その表情にヤル気も出ていてやっぱり、いいねぇ~。

パン・アキモトの新店のオープンは6月20日。
あと1カ月を切った段階での関係者会議の席だ。

建物や設備の担当者からも、
オープンに向けて順調に進んでいるという報告。
商品であるパンの開発も同様に進んでいるようだ。

私たちも、PRとお客様とのコミュニケーションを
担って会議に参加させていただいているのだが…。

建築関係者から設備、商品開発、オープンイベントと
いろいろな担当者が一堂に会しての会議は、
一見ムダな時間ともとられがちだ。
だが実は私は、相乗効果が期待できて意味ある会議と思っている。

そんな中での先程の若い人たちの、素直なコメントは、
聴くだけでも、関係者に活気を与えてくれると思えるのだ。

私たちのプレゼンであり、報告もこのような会議では
重要な役割を担っていると思っている。

それは、今後のお店のイメージを担っていく
キャラクターやロゴを扱い、
お客様に見える広告類を提案するからだ。

誰もが注目するだけに、責任もでてくるわけだが、
会議自体の活気やメンバーのヤル気にも関係するので、
その辺も意識してのプレゼンテーションとしている。

実は、会議や人が集うイベントは、
相乗効果を考えた演出次第で、
すばらしいものとなったり、そうでなかったりするのだ。
参加する人たち次第で、どうにでもなるということ。

私はどんな場でも、参加する者として常に自分の
役割やできることを考えて、存在理由のある自分を
演じたいと思っている。
これも自分の存在理由の確認のためだ。

さて、このパン・アキモトの新店“きらむぎ”は、
働く人たちの成長を促し、お客様の笑顔をも演出し、
そして地域の活性化に寄与してくれるだろうか。

いや、そういう存在にならなければ、
この地で長く存在することはできないということだ。
パン・アキモトの存在理由のためにも失敗はありえない。

私たちも、その役割を担っているわけだが…。

あっ! パン・アキモトは、地域だけでなく
地球に貢献しなければならないんだった…。

moba1

いよいよ6月オープン!

moba2

きらむぎ

moba3

社長が案内してくれた

moba4

天井が高い!広々空間

moba5

目玉の石釜も!

ページTOPへ