これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/09
2014

moba1

Mr.サブロー、“ロードプライシング”にトライ!

「実は、一度ついうっかりクルマを乗り入れてしまって、
気づいてすぐ出したんですが、後日高い罰金が…
もちろん払いましたが…1万数千円?? 」
と語ってくれたのが今回のツアーガイドを
務めてくれた高橋三郎さん。

この罰金、高橋さんが日本人だからとか、
高橋さんの素行の悪さから課せられたわけではない。
(一見、高橋さんを知る人はつい思うかもしれないが…笑)

ロンドン市内中心部で大きな“C”(セントラルゾーン)の
マークより中に入る場合は、事前に指定されたところに
決められたお金を払うことが義務づけされているのだ。

このところ日本でも注目されている
“ロードプライシング”制度。
すなわち渋滞税だ。

ロンドン市内の渋滞は、ず~っと日常茶飯事だった。
そこで、2003年にロンドン市長が渋滞緩和と
公共交通機関の利用促進のために導入した。

長くロンドンに在住する高橋さんは、
もちろんそのコンジェスチョン・チャージ(混雑課金)は
知っていたのだが、ついうっかりセントラルゾーンに
クルマを踏み入れてしまったということのようだ。

それにしてもなぜ、ほんの少しの侵入なのにバレて
罰金につながったのか!?

実はゾーン内にある精度の高い(?)監視カメラと
ITシステムの活躍のお陰のようだ。

撮影データから即効でデータベースがチェックされ、
支払いのないクルマの持ち主に請求されるという。

高橋さんのように“うっかり”の人には
申し訳ないが、今どきのデジタル技術が
活かされての、よくできた課金システムと言える。

私は、少し前からロンドンの
渋滞税制度(ロードプライシング)に
興味を持っていただけに、
現場を見させてもらいわかり易い事例まで
耳にできて、よかったよかった。

それにしても、三郎さんは、ロンドンで結婚もし、
そして…あれやこれやといろいろと
体験していることもあり(笑)、リアリティある
お話をたくさん聴かせてくれた。
(ありがとうございました)

いや~本当に三郎さんは日本を代表するような
ラガーマンだけに、いろいろな“トライ”をしてくれている。

ところで、ラグビー場での得点につながる
“トライ”については、
まだ聴いてないが…果たして!?

moba1

Mr.サブロー

moba2

この“C”マークうっかり入ると大変だ!

moba3

現場に来れてよかった

moba4

ロードプライシングの威力

ページTOPへ