これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/23
2014

mobaTOP

那須塩原に“きらむぎ”OPEN

ついに地元、那須塩原にオープンした
石窯パン工房“きらむぎ”。
あのパン・アキモトの新しいお店だ。

朝からたくさんのお客様が訪れ、
午後の3時頃には、「売り切れ御免!」状態。
私がお店に着いた頃には、もう品薄だったのだ。
でも“よかった、よかった”。

私共もオープンに向け、
いろいろとお手伝いさせていただいただけに、
いいスタートを切ってくれることはうれしい。

とにかく朝から列をつくって焼き上がりを
次から次へと買って行ってくれたという。
いまどきのオープン工房となっている厨房は、
てんてこ舞いだったことだろう。

クルマのナンバーを見ると、
地元の家族連れがほとんど。
これも“よかったよかった”。

この“よかった”は、たくさんの地元の人たちが
この“きらむぎ”に足を運んでくれたこと。
やっぱり地元の人たちに愛されて
ご贔屓にされることが重要ポイント。

地元の人が、自分の贔屓店のひとつにしてくれる。
すると、たびたび足を運んでくれるし、
仲間を連れて来てくれるのだ。

すなわち、地元の人たちが、贔屓にしてくれる要素を
しっかり持っていることがポイント。
美味しさはもちろんだが、
品揃えや店内の雰囲気に楽しさや活気がないとダメ。

そして、そして、この店ならではの
こだわりや特徴がないと、口コミしてくれないからねぇ~。

その“この店ならでは”の要素が
オリジナルキャラクターであったり、
他にはないパンの商品だったり。
さらに、パン・アキモトらしいお買い上げに比例した
社会貢献活動の支援だったり。

えっ、もしかしたら、この“きらむぎ”には既にある!?

オリジナルキャラクターとして
「きらちゃん・むぎちゃん」が…ほ~。
「石窯甘納豆パン」「石窯食パン」などが…ふむふむ。
そして、「パンの3.3(耳)プロジェクト」が…。

さすが“よかった、よかった”。
パン・アキモトはそつがないね~。
もしかしたら、これって“我田引水”!?

ついついこうなっちゃうんだよねぇ~。
とにかく、地域ともっと仲良くしたい。
しばらくすると、近隣の農家の直売所も
“きらむぎ”と共にあったりして。

するともっと繁盛する店になること間違いなし。
我田引水ならぬ、“我店引菜”

moba(1)

にぎわいをみせる“きらむぎ”

moba(2)

石窯甘納豆パンがおすすめ

moba(3)

写真からでも伝わる美味しさ

moba(4)

「パンの3.3(耳)プロジェクト」

moba(5)

きらちゃん・むぎちゃん

ページTOPへ