これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

02/25
2013

Exif_JPEG_PICTURE

2013、仮装マラソン大会のシナジー

なぜ、そんな重い十字架を背負って走る!?
そんな懺悔が必要なほど何かしてしまったの?
(なんて言いたくなってしまう)

とにかく、スゴ~い。
昨日の“東京仮装マラソン大会”の、仮装はみなさんすばらしかった。

ナスは走ってるし、トマトも!
スーパーマンはいるし、くまもんも、
ダルマも…タイガーマスクやドラえもんなどは、
何人もいたぞ!
さすが~。

えっ!? イベントタイトルに“仮装”はつかない!?
あの大会は、あくまで“東京マラソン2013”なわけ。

ふ~ん。
欽ちゃんがゴールで待っていて、
その仮装度とタイムで争う大会では
なかったんだね。

でも、スゴ~く寒かったけど、
みんなガンバってたねぇ~。
9時半くらいから、10時半過ぎまで、飯田橋で応援してたけど(事情があってだけど…)、3万6000人はとにかく多い。

外堀の道幅いっぱいに、仮装ランナーがぎっしり。
ランナー3万5000人は、見届けたと思うが、
参加ランナーのシナジーをしっかり感じ取れた。

すこし、軽い言い方から入ってしまったが、
実はこの人数のスケール感とランナーの笑顔には、感動したのだ。

通常のマラソン大会と違い、
走る人のほとんどが笑顔なのだ。
チャレンジしながら笑顔なのだ。

石原さんが“東京マラソンを開催する”と
言ったときは、どんなことになるんだろう?
その効果は? と思ったのだが…。

参加ランナーも応援の人たちも笑顔だし、
みんなワクワク、ドキドキして、
この日を迎えたのだろう。

ボランティアの人たちも、大変だろうが
ヤリガイがありそうに見えたのだ。

開催されていなかった2006年までを考えると、
いろいろと大変だろうが、
やっぱり大きなチャレンジは
思った以上の相乗効果を創りだしてくれるということ。

3万6000人とその関係者のワクワク、
ドキドキが伝わって来た
“東京仮装マラソン大会”だった。

お陰で、10時40分くらいまで、
私の自転車は、外堀通りを渡ることはできず、
じっとガマンを…。

結果、帰路につけず私のカラダは
よく冷えてしまったのだ…。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

野菜の仮装

moba6

moba2

懺悔のラン

Exif_JPEG_PICTURE

このカネゴンのレベルは高い!

Exif_JPEG_PICTURE

3万人の大群!

Exif_JPEG_PICTURE

ページTOPへ