これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

07/14
2014

moba1

先代のα5000は、選手登録抹消

このカメラ、ソニーの“α5000”。
新品だよ~。

かなりいい写真が撮れるよ~。
すでに3ヵ月くらい使ってるから、
使い方のコツはだいぶわかってきたよ~。

でも、この“α5000”は新品だよ~。
「???」
まだ、10回もシャッターを押して
ないくらいの新品だよ~。

さて、“α5000”を買ってから3ヵ月。
なのにいま私の目の前には新品の“α5000”がある。

実は、先代の“α5000”は約3ヵ月で故障者入り。
残念だが出場選手登録抹消ということに。

言い方によっては、選手生命も失ったと
言ってもいいのかもしれない。
(ヤンキース田中将大投手は、
オールスター直前で右ひじ靭帯損傷だという。
まずは、6週間くらいの登録抹消で終わることを祈る)

先日、有楽町のビックカメラで新品の
“α5000”と取り換えてもらってきたのだ。
もちろん、そう簡単に取り換えてくれたわけではないのだが…。

シャッターを押すと 時々、
「カメラエラー、電源を入れ直してください」の表示。

その度に、バッテリーもはずし、電源を入れ直すのだが、
次第に元に戻らないことが多くなってしまったのだ。

3~4日は、その状態で先代の“α5000”と格闘して
いたのだが、シャッターチャンスを逃すことも出てきて、
ついにビックカメラに電話し、故障者入りとなったのだ。

しかし、いまの時代のIT機器は、
メカの不具合というより、
IT基盤(?)の不具合であることが多く、
分解して直すより取り換えてしまった方が、
ず~っと効率がいいということのようだ。
そこで新品の“α5000”となったというわけ。

やっぱり、ipadの故障の時も、
その不具合の内容をヒアリングし、
その状態を確認すると、
新品と取り換えてくれることとなった。

お陰様で仕事におけるタイムラグ(?)はなくなったが…。
果たして、これでいいのだろうか?

私にとっては、治療してリハビリしての
時間を待つことはなくなったのだが、
先代の“α5000”はどこかに行ってしまった。

いま、私の手元にある“α5000”はそっくりだが
あきらかに違う“α5000”。

田中将大投手は多くの人たちから待ち望まれ
数ヵ月後には代替の田中投手ではなく
本物の田中将大投手が右ひじ治療の記憶と共に戻ってくるはず。

私たちユーザーにとっては、
新品との取り換えは確かに機能のタイムラグもなく
嬉しいのだが、本当にこれでいいのだろうか。

何か大切なものを失っているように
思えてならないのだ。
モノに対する愛着は?
そのモノづくりに使われた多くの人たちの
労力や思いは?使われた資源は?

私は田中将大投手に替わる選手ではなく、
田中将大投手を待ちたい。

メッシと連携するネイマールを待ちたいのだ。

先代の“α5000”が治療して復帰し、
誰かの手元で活躍をすることを願う!

moba1

新品のカメラ!

moba2

ビックカメラで買いました…

moba3

ここにならんでたのだ

ページTOPへ