これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/04
2014

moba (1)

ジムも、“推して知るべし”


(私)「ルールは守りましょうよ!」
(オバ)「何で!いいじゃない、後ろの人がいないんだから…」
(私)「やっぱり、マナーとして書き換えはいけないですよね。」
(オバ)「そんなマナー、私は知りませんでした。」

“醜い!”と、心の中で叫んでしまった。
(もう少しで、声に出して投げかけるところだったのだが…)
いや、そのオバさんの顔や体型が醜いと言っているのではなく、
言い訳をするその人間性にだ。

このやり取りは、私がメンバーとして通う
フィットネスクラブでのこと。

オバさんは、まずランニングマシンの予約を
13:30~14:30としていた。
ところが、少し遅れてきて、その予約時間を
13:40~14:40と書き換えてまたどこかに行ってしまった。
(私のようにその時間を見て諦め、
別のマシンにする人もいるのだ。)

そして、おのオバさんが13:40過ぎに来たとき、
冒頭のやり取りとなった次第。
(私は、なぜかこんなことでも見過ごすことができないのだ)

実は、このフィットネスクラブ、
マナーの悪いメンバーが結構いる。
大きな音をさせながらランニングする人。
マシンやダンベルを音をさせながら雑に扱う人。

マシンの使用後、汗を拭きとらない人。
仕上げの柔軟体操スペースで、
いつまでもおしゃべりしていて
なかなか場所を開けない人たち。
(う~残念だが…)

そのオバさんとのやり取りは、冒頭の程度で
終止符を打ち、その日の帰りにフィットネスクラブの
スタッフにいくつかの問題点を報告し、
前向きに対応してくれるようお願いした。

仕事柄、たびたび行き着くテーマなのだが、
“そのお店のレベルは、お客で決まる”ということ。
お店のお客やスポーツジムのメンバーを見ると、
そのお店や会社のレベルが見えてくる。
(これも、“推して知るべし”ということ!?)

実は、お店やジムだけでなく、どの業種業態でも
いっしょなのかもしれない。
自分たちが目指すビジネスをしっかり上のレベルに
設定しないと、現場では、このようなことが
起きてしまうのかもしれない。

それにしても、日本もまだまだ民度が低い。
人が見ていなければ、自分にとって都合のいい
行動をとってしまうのだから。

その行動を見て、“推して知るべし”と言われたくないものだ。

まずは、自分も“自分だけ、今だけ、お金だけ”的
価値観を修正しなくては…

2020年は、もうすぐだ。

moba (1)

マナーが民度を語る

moba (2)

次の人のことを必ず考えて行動したいものです!

moba (3)

心と体型と行動は連動しているような…

ページTOPへ