これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/11
2014

moba3

中村座の“環境が人をつくる”

父の亡くなった日にも
弟の七之助と共に舞台を務め、
涙をこらえて口上を述べていた勘九郎の姿を
テレビで観ていた記憶がある。

そして、今年の7月には、
父・勘三郎が始めたニューヨーク公演を
7年ぶりに開催。
いや“敢行”と言った方がいいかも…

外国人7割以上という満席のお客様から拍手喝采が…
というか、スタンディングオベーションが
鳴りやまなかったという。

これまでは、あくまでテレビの中の人として
見ていたのだが…
ついに今回、新しい歌舞伎座で
観覧のチャンスが巡ってきたのだ。
(山尾さん、ありがとう!)

古典歌舞伎ではない出しもの
(谷崎潤一郎作の「恐怖時代」)だったこともあり、
とても面白く見させてもらった。
勘九郎も七之助も、かなりの活躍ぶり。
お客様のその満足度も見てとれる程。

そしてパンフレットを見ると、
一日の出し物中の4つの物語に
二人が登場するでがないか。
(私は、その内の1本だけしか観れなかったのだが…)
それにしても、二人とも、しゃべりも多いし、
舞台に登場している時間も長いのだ。

味を出すには、もう少し時間はかかるが、本当に驚きの活躍。
勘三郎が元気な頃は、まだまだこれからの役者と
見ていたのだが…

もしかしたら、これが“環境が人をつくる”と
いうことだろうか。
まさに、勘九郎のこの2年(1年半)の
責任感と役者としての成長には
目を見張るものがある。

勘三郎の突然の死が中村兄弟に大きな転機を
もたらしたと言っていいだろう。

そう、ビジネスもいっしょ。
人が“仕事ができる人間”になるのは
ある瞬間からだ。

徐々になるのではなく、その時は突然にやってくる。
何かのきっかけで環境が変わるとき、
突然やってくるのだ。

もちろん不断から“ビジネスの筋トレ”は
やっておかないと、そのときは来ないけどね。
とにかく“筋トレ”は大切ということ。

中村兄弟も、役者としての“筋トレ”は
かなりやっていたようだし、
常に工夫もしていたというし…。

これで今後の歌舞伎界も
だいぶ楽しみになってきた(^▽^)
ワクワク

moba1

新しくなって初めての歌舞伎座!

moba2

ワクワク♪

moba3

はじまりはじまり~

moba4

結構、入ってますぇ~!

ページTOPへ