これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

10/14
2014

moba(1)

隅研吾流、里山主義か?

「10月オープンって聞いていたのに、
何でいつまでも取りかからないんだろうねぇ~」
なんて思っていたのだ。
いつ見てもその空間には、新潮社の倉庫があるだけ。
(こりゃ~延期!?)
なのになのに“la kagu(ラカグ)オープン”とういニュース。
「えっ!?なぜ?」

いつまでも倉庫が取っ払われないと思いきや、
その倉庫をそのまま活用しているではないか。

ゲゲッ、あの美しくない外観はそのまま活用!
「へぇ~」
ちょっとオシャレに見えるのは、ウッドデッキと
2階への大階段だけ。
誰がやるとこんなデザインになるんだろうねぇ~。

えっ、隅研吾事務所。
確かに元々の木々を活かし、
いかにもなウッドデッキを見ると
それっぽいところもあるが…

それにしても、あの美しくない倉庫を
そのまま活用するとは。
とはいえ、木質は人を引きつける。
販売しているものに関係なく、人を引きつけるのだ。

隅研吾氏は、とにかく木を活用する。
そして、和を大切にする設計士だ。
木は人に安心感を与えることを知っているのだろう。

このところ目にした南青山の割り箸を組んだような
“微熱山丘(サニーヒルズ)”のお店も
隅研吾事務所の仕事だった。

先日、初体験した新歌舞伎座も。
あの和を発信する新・根津美術館も。

やっぱり“和”がいいねぇ。
木質がいいねぇ。

これって私がこのところ発信する
“里山主義”に通ずるような。

日本人は里山にある木をもっと活かさなければ。
そして、本来の里山の生活を取り戻さなければ。

日本の立地や環境に合っているのは、
木であり里山生活なのだ。
商業施設“la kagu”には私が欲しい
商品は見あたらなかった。

ということは、里山生活に関わる商品は、
ほとんどなかったということだろうか!?

ただ、あのウッドデッキには引きつけられそうだ。

moba(1)

これが…!?

moba (6)

Mr.セイージも満喫中

moba (4)

なんだか落ちつく空間

moba (5)

なんだか懐かしい感じも

moba (7)

棚は段ボール!?

moba (2)

カフェも!

a

また、ゆっくり来ようかな

ページTOPへ