これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

10/20
2014

moba (2)

中島流“複利理論”誕生!

「その辛いところでやめてしまうから
本場所で3つか4つしか勝てないんだ。
もっとギリギリのところまでやれよ~」
芝田山親方からこんな叱咤の言葉が発せられる。

先日、お邪魔させていただいた芝田山部屋でのこと。

相撲の世界は厳しい。
9月場所の番付表を見ると幕内力士は42名。
登録されているお相撲さんは約700人。
700分の42。すなわち6%の人たちしか
脚光を浴びれないとも言える。

そして給与は十両以上(関取衆は70人)
でないともらえないのだ。

強くならないと給料ももらえないという厳しい世界。
親方の言うように毎日必死になり
稽古をしないと上位に上がれないのだ。

言葉は悪いが、他の力士を蹴落すくらいの
意識がないと、上には登っていけない世界。

だからこそ、毎日毎日の稽古が大切になってくる。
今日、覚えたこと、今日、しっかりやったことが
明日につながっていくのだ。

まるで貯蓄でいうところの“複利”みたいな…
まさに相撲の毎日の稽古は、複利計算だ!

だから芝田山親方の言う通り、今日の稽古を
しっかりやれば、明日はその下地の上に
稽古ができるということ。

うんうん…
あれっ?これって…
もしかしたら相撲の世界だけじゃない!

私たちのビジネスの世界も“複利”?
複利は、その利子を元金に合算した上で
次期の利子をつけてくれるわけで…

今日、考え構築したノウハウは明日から
使えるわけだし、今日覚えた知識やスキルも
明日に活かせるわけだし…

今日、知り合った著名人は、明日の企画に
反映できるし…
まさにビジネスの世界も“複利”で成長できるということだ。

てことは、毎日毎日を大切にしないと、
明日は“明るい日”にならない!

素晴らしい考え“複利理論”誕生!
芝田山親方、ありがとうございます。

ところで、これってあたり前の理論!?

moba (1)

親方の目が光る

moba (2)

真剣な稽古姿

moba (3)

幕内力士同士の稽古は迫力が違う

moba (4)

親方の言葉を受け止める

ページTOPへ