これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

12/01
2014

mobaTOP

ビジ達3,000本ノック

何と、今回の発信が599回目。
ワ~~イ! 自分ながらスゴ~イ!
(ビジ達は今日で599回目の発信なのだ。)

“600回目”より、599回の方が臨場感を感ずるのは私だけ!?

すなわち、599を50(年50週)で割ると、
何と丸12年続けて来たということ。

1回の発信がコンテンツ5本だから、
600×5本=3,000本となる。

3,000…、3,000…、3,000…

ヤンキースのイチロー選手の
日米通算4,000本安打が大注目された訳で。
それと比較しても十分評価に値する…
(比較する対象は違うかもしれないが…)

まぁ~とにかく3,000本は
自分で言うのもなんだけど、
スゴイと言いたいのだ。

毎週1,000文字くらいのコラムを
5本を発信する訳だから、
それなりに負荷はかかっていたわけだが、
とにかくガムシャラに続けてきた。

日常業務も滞ることなく、続けて来たのだ。
(もちろんQBのスタッフにも助けられてのことだが…)

その半分くらいは、月間CDとなって
多くの経営者が聴いてくれていて、
また、その一部はFMラジオの
私がパーソナリティを務める番組で
週一本発信されている。

もちろん…定例のセミナーや講演会でも
そのコンテンツを編集して発信している訳だ。

すべての源がこの「ビジ達」ということ。

結果、12年間の3,000本安打は?
いや3,000打席は、ヒットか凡打かは別にして、
少なからずいろいろな方々に
何らかの影響を与えて来たのは間違いないだろう。

“量は質に転化する”という言葉を信じて
続けてきたのだが、果たして??

本当に“量は質に転化”してくれるんだろうか?
いや、必ずや少しずつかもしれないが、
転化しているはず。

その昔よりは、当然扱うテーマも
内容の質も進化して来たとは思うが…
まだまだであるということも確かだ。
(その分、伸び代はまだまだあるということだ!)

イチローの4,000本をまずは超さないことには
(またイチローとの比較だが…)、
その質には到達できないということだろう。

まずは基本となる“素振り”を
もっともっとやらないことには、
イチローには追いつけない。
「ビジ達」で素振りと言えば“仕入れ”だ。

東奔西走、そして出逢い、学び、
そして、書籍を通じて先人達からも学ぶ。

この素振りの量がなくては、
ビジ達の“量は質に転化”はないということ。

そして、まずはイチローの4,000本に追いつこう。

よし、“吾、六十にして学に志す”だ。
孔子は“十五にして学に志す”だったから、
えっ! 孔子より45年遅れ!?
まぁ~、孔子と比較する程のことでもないかぁ~。

<次週に続く!>

moba1

祝・599回目!

moba2

すべての源はここにある

ページTOPへ