これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/13
2015

moba (2)

シャトー・ムートン・ロートシルトに思いを馳せる

1985年は9万円か!
1986年なら何と21万円!?
1年違うだけでこんなに違うんだ。

これは赤ワイン「シャトー・ムートン・ロートシルト」のこと。
ボルドーワインの格付けの第一級のシャトーだ。

年末にコルクを抜きいただいたワインが、
まさにこのシャトー・ムートン・ロートシルトの
1985年ビンテージ。
いや、美味しい。

いろいろと先輩方に名のあるワインを
飲ませていただいてきただけに
その味のクオリティーもだいたいわかる。
うんうん。

このワインは、昨年の社長退任の際
会社のみんなからサプライズでいただいたもの。
“ごちそうさまでした!”

実は、このシャトー・ムートン・ロートシルト
1855年の格付け以来、不変のメドック格付けの
変更を成し遂げた唯一のシャトー。

もちろん、二級から第一級へ昇格したわけだ。
1855年以来160年間、このシャトー以外の
格付けが変わっていないというのも
すごい!(フランスらしい?!)

フィリップ・ド・ロートシルト男爵が
さまざまな努力と施策によりそのワインと
地位をも高めたという。
「1級にはなれないが、2級には甘んじられぬ。
余はムートンなり」
「余は1級であり、かつて2級であった、ムートンは不変なり」

これは、男爵の有名な言葉であるが、
その野心なのかプライドは並々ならぬものが
あったということだろう。
このくらいの目的意識がないと一級への
昇格はなかったということだ。

これは、私たちのビジネスもいっしょだろう。

ところで、男爵の没後 27年経ち、
「これがボルドー 一級シャトーのワインか」と
思いをボルドーに馳せながら、
1985年(まだ男爵が亡くなる前)のワインを
日本の田舎者がグラスを傾けるとは
思っていなかっただろう。

はっはっはっはっ“男爵、美味しいですよ!”
また、飲ませてもらいます。
さて、次は弊社クオーターバックの創業時
1982年のシャトー・ムートン・ロートシルトかな。

えっ!32万円!
誰が飲ませてくれるかなぁ~~。
思いは、メドックのポーイヤックに!

moba (2)

いただきました!

moba (3)

田崎さんが選んでくれたんだって!

moba (1)

みんな!ありがとう!

ページTOPへ