これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

03/31
2015

2

里山づくし“朴の森”

うんうん、美味しい。
もう少し、あの煮物食べてみたいねぇ。
デザートにおはぎもあるんだぁ。

いっしょにいった掃除の会の先輩方が、
こんなことをつぶやきながら
美味しそうに食べていた。

ここは、“朴(ほお)の森”「一隅の里」。
有機野菜にこだわった自然食レストランだ。

休日とはいえ、何組かのグループが
行列をつくっている様子を見ると、
すでに地域に知れた繁盛レストランで
あることが伝わってくる。

一方、こちらの瀟洒な建物の入り口には、
いい色の大根やホウレン草、
ミカンやお米までもが並ぶ「恵みの里」が
用意されている。
ここでは地元産の有機野菜を販売しているという。

もう一歩、建物の中に踏み込んでみると
天井の高い大広間が広がっているのだ。
中央に位置する囲炉裏がゆったりと
いい雰囲気を醸しだしている。
(囲炉裏を囲んで一杯やりたくなる雰囲気だ)

その先の部屋には、鍵山相談役の書籍や
DVD、CDがところ狭しと飾られている。
ここを訪れる人たちの多くが、
手に取り読み始め、そして買って行かれるという。

おっ! 掃除に学ぶ会のトイレ掃除ビデオが
モニターで紹介されている。(ほ~~)
その横には、ポケットブックも
広げられているではないか…
さすが抜かりない。
ここは心を育む「耕心の里」
という名前がつけられている。

とにかく、この“朴の森”は思った以上に
既にいろいろな試みが実践されているのだ。
そして、もう暫くすると健康増進をテーマにした
「元気の里(体育館)」も竣工するという。

鍵山相談役は普段から「本物とは言っていることと、
やっていることが一致すること」と語っている。

まさにこれからの日本に必要な「理念」を
この“朴の森”で実践しようとしているのだ。
私がここを訪れて一番ラポール(共鳴感)を
感じたのは“里山”。

“朴の森”すべてに日本の里山を活かした
構想が展開されているからだ。

その名も一隅の里、恵みの里、耕心の里、
元気の里まさに“里山”づくし。

これからは、私たちの生活でもビジネスでも
“里山”を取り込まないでのロングレンジの
成功はないだろう。

多くの人たちが、山口県山口市のこの里山
“朴の森”の引力に引きつけられるのは
間違いないだろう。

1

おぉ~!いい雰囲気が出てますねぇ

8

3

おなかいっぱいです

6

4

7

野菜も買える

ページTOPへ