これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

11/19
2012

Exif_JPEG_PICTURE

これぞ、インキュベーション会社!

本当はビジネスにおいて、稼ぐことより、
いい人間を育むことを優先しなくては
いけないのでは?

でも、給料もあげるわけだし、
少しでも稼いでもらわなくては…。

先日の、リーダーズセミナーは、秋山木工の
秋山利輝社長に“丁稚”の理由を改めて聴いてみた。
すると、自分はあるとき、選ばれし者だと
お告げ(気づき?)があったという。
(この風呂敷の広げ方がスゴい!)

“ノアの方舟”で言えばノアの役。
“モーゼの十戒”では、モーゼの役割だという。

すなわち、“あなたは、家具工芸のノウハウと
経験を活かし、人づくりと職人づくりを
徹底的にしなさい”
というお告げってこと。(ホントかなぁ~)

だから、あえてハウツーを教えない。
だから、町の掃除であり、早朝ランニングを
優先しているのだと。

人づくりをするには、ヘタに技術を教えたり、
ノウハウを教えない方がいいのだとも
語っていたのだ。

あっ! そういうことか!!!
私がよく事例にだすマニュアル型のチェーン店は、
まさにバイトや新人でもお金を稼げるように
ハウツー(マニュアル対応)ばかり教えているってこと。
(もちろん、会社の都合で…)

いい人間づくりには、ハウツーや
スキルは邪魔になるということ。
ヘタに技術だけ覚えて稼げるようになると、
人は人間性をいまさら磨かなくなるということなのだ。

ふむふむ。だから4年間“丁稚”として、
いい人になるための基礎づくり、すなわち
人間づくりを先にやるとういことなんだ。

そして、職人を4年間(合計8年)すると、
秋山木工を退職して
次なるステージに行かなければなのだからという。
これぞ本当のインキュベーション会社だ。
(秋山社長、素晴らしい!)

やっぱり、人を育まないと、いい社会もいい日本も
つくれないからねぇ~。
弊社、クオーターバックも、
もう一度、人づくりを見直そうっと。

Exif_JPEG_PICTURE

秋山社長

Exif_JPEG_PICTURE

丁稚1年目女性も坊主

Exif_JPEG_PICTURE

大学を出てから秋山木工へ

ページTOPへ