これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/15
2015

moba5

ヴェネツィアの花嫁

瀬戸は日暮れて♪
夕波小波あなたの島へ
お嫁にゆくの…

え~っ、この歌って海外の曲のカバーだった??
どう聴いても小柳ルミ子が
歌っていた“瀬戸の花嫁”だよなぁ。
そんでもって、平尾昌晃氏の作曲だった記憶が…
(あの当時の3人娘では、
小柳ルミ子をよく聴いていた派だった)

なぜ、ヴェネツィアで…
それもナマ演奏で聴くことになるとは。
もちろん演奏しているのは、
どう見てもイタリアの人たち。

ここはヴェネツィアの老舗カフェ・フローリアン。
(あのサンマルコ広場にある人気店)
それも約300年前(1720年)にオープンして、
ずーっとこの場所で営業してきたという。

仕事柄、日本でも300年以上続く店を訪れる
ことはあるが、そのほとんどが店の建屋も
売るものも大きく変化しているのが通常。

ところが、このフローリアンは、
その頃から建屋も変わらずカフェとして
この立地で営業していたようだ。

300年前と言えば、8代将軍の徳川吉宗が
活躍していた江戸時代も中頃。

そして、ビジ達でもお馴染みの石田梅岩が
塾を開こうとしている頃だ。

いや~、そう考えるといろいろ不思議。
日本では、まだまだ丁髷(ちょんまげ)に刀の時代。

ところが、ここイタリアのヴェネツィア
(まだイタリアとして統一されてないが…)
では、市民が昼下がりにお茶を楽しんでいたのだ。

吉田松陰ではないが、その頃 海外に行く手立てがあれば、
石田梅岩も海外に行きたかっただろうなぁ~。

そして、石田梅岩がここヴェネツィアでも
辻説法をくり広げる。

もちろん、正直・勤勉・倹約を語り、
“先義後利”を力説するのだ。

日本でもそうだったが、最初は誰も相手にしてくれない。
ところが、次第に多くのヴェネツィアの人が
その考え方、価値観に共鳴していく。

そして、梅岩の考え方、哲学に大きく影響を
与えられた弟子たちが、その価値観を
イタリアのあちこちに広めて行くのだ。

すると、イタリアの人たちはもっと働き者に
なっていたかもしれない。
そして、ヴェネツィアの街ももっときれいに
なっていたことだろう。

そしてそして、カフェ・フローリアンでは…
♪ヴェネツィアは日暮れて 夕波小波
あなたの島へお嫁にゆくの…
♪島から島へと渡ってゆくのよ…

うんうん、“ヴェネツィアの花嫁”が
演奏されている…
情景もぴったり!

moba1

ナマ演奏

moba[2

老舗カフェ・フローリアン

moba5

“ヴェネツィアの花嫁”!?

moba3

素晴らしい景色

moba4

イタリアだねぇ~

ページTOPへ