これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

11/16
2015

a3

アサガオと私の“固い絆”

6月の下旬ごろ、美しいピンク?
いや淡い紫の花を一輪つけてくれた。
美しい! 愛らしい!
(一見、私には似合わない
言葉に思うかもしれないが…)
昨年もこのベランダで咲いていた
アサガオなのだが、私は
この一輪の花に感動していた。

実はこのアサガオ、
昨年の晩秋に私が種をとり、
今春に蒔いたもの。
よくぞ、咲いてくれた\(^o^)/

そこから次から次へと咲き、
この一鉢で多分100個!?
いや150個くらいの花を披露してくれた。
そして11月に入った先日、
ラストとなるだろう花をつけてくれた。
なんと、4ヵ月以上にわたり、
咲き続けてくれたのだ。

素晴らしい! ありがとう!
(この私でも、これには感動するわけで…)

そしてそして、そのアサガオたちが、
昨年の5倍以上(?)の種を残してくれているのだ。
スゴ~~~い! 来年は、
3~4コの植木鉢を用意しなければ…。

やっぱり、自分で種をとり、
自分で蒔くと、“自分のアサガオ”
という気分になってくる。
正しくは…アサガオと私との二人の(?)
連携によってその美しい存在を創造しいるわけだが…。

このアサガオの花言葉の一つは
「固い絆」だという。
まさに私とアサガオとの
固いきずなが実を結んだと言っていいだろう。

私と花なんて多くの友人が
似合わないと言うだろうが、実は…。
シクラメンは、今春で5回目(多分)の
花を咲かせてくれたのだ
(シクラメンの場合は種でなく球根だが)。

とにかく私の家のベランダは、
一年中常に美しい色の緑が輝いているということ。
この彼らとの(?)彼女らとの関係が、
私に心地よい環境をつくってくれ、
そしてこのコミュニケーションが
私に多くの学びも与えて
くれているとも言えるのだ。

いい仕事を続けていくためには、
直接的ではないが、こんな環境演出も必要だということ。

さて、そろそろシクラメンを段ボールから出し、
6回目の花を期待しながら、
コミュニケーションを図ろ~っと。

ちなみにシクラメンの花言葉は“遠慮”。
例の遠きを慮ること。

本当に、我が家の花たちはタイミングを
見ていろいろと学ばせてくれる。

a1

種をとっといてまた来年!

a2

a3

a4

シクラメンも♪

a5

ページTOPへ