これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

03/28
2016

moba

チェーン店のビジネスモデルにもの申す!

あったぁ~、これこれ。
探していた伸縮性のあるジーンズを
ついに見つけた。しばらく前に一着買い、
履き心地もよく休日のパンツとしてもう
一着探していたのだ。

思わず2着も買うことに。とはいえ、試着
しないことには。パンツはサイズや履き
心地などいろいろあるからねぇ~。
そして必ず、裾直しをしてもらわなきゃいけないし…。
(なぜか、けっこう裾を切るんだよねぇ)

よし、裾もクリップで止めてもらったし…
おっ2着買うと20%引き!(^o^)/(ワ~い!)

Tシャツもカゴに入れレジに行くと…

スタッフ「お店のカードがありましたら、
優待期間中ですが…」
(ほ~今日はいい買い物したねぇ~)

ここまではよかったのだが…

支払いが終わり、店の若いスタッフは、
レジを背にしてその2着のパンツをたたみ、
紙袋に入れてくれようとしている。
なぜかクリップをはずして、
折り目を伸ばしてたたんでいるのだ(-Д-;)

「えっもしかしたら裾のクリップはず
しちゃった!? 」

スタッフ「は?はい」

「何しちゃったの!? これから裾直すのに…」

スタッフ「…」
(こんなことすらわからないスタッフにレ
ジをさせたらダメだよねぇ。)

すると先輩スタッフが「申し訳ありません。
もう一度、フィッティングルームで裾を…」

この季節は、クツはもちろん、コートと
ジャケットも脱がないことにはパンツを
履くことは難しいのだ(*^*)ゞ

(もう気持ちの中では、ちゃぶ台をひっくり
返していたのだが、ここはおさえて…)


私の応えは、「もういやです」

その挙句、私に5本の指を立てて、

「裾直しに5日ほどいただいています」だって…

「5日? 5時間ではなく5日!? 」

スタッフ「はい、5日間です」だって…(=゚ω゚)ノ

「いつもの有楽町店では、1~2時間で
仕上げてもらってたんですが…」

スタッフ「こちらの店舗では5日間
いただいているんです」
(ついにちゃぶ台2台目をひっくり返した!)

5日間も待った挙句、また渋谷に来てられるか…。
ということでそれらのパンツを持ち、有楽町店
に行き、無事パンツを仕上げてもらったわけだが…。

ここでチェーン店の“ビジネスモデル”について
改めて考えてみることに。彼らにとっての
“ビジネスモデル”って何なのだろう。

まだ不十分なスタッフにお客様対応させれば
、当然そのリスクはお客様に行く。お客様に
とってうれしい対応はコストになるからと、
自分たちの都合を優先する。

ということで、私から見ると、彼らにとっての
ビジネスモデルは、自分たちが“都合よく儲け
る仕組み”に思えてならないのだ。

私はこのビジ達で“マニュアルのリスク”
をたびたび語って来た。本来のマニュアルは会社
としてのいい対応を一本化することで、差のない
お客様対応をしっかりして行こうというものだっ
たはず。

ところが、まだ育んでいない不十分なスタッフを
マニュアル通りに対応させることで、人員として
活用させて行こうという彼ら側の都合を優先した
カタチが、マニュアル対応となっているのだ。

中島流に言えば、この仕事を通じて社会に貢献して
いこう…ではなく、この仕事を通じてうまく儲けて
行こう、なのだ。

この社会にあまたある会社が、儲けることもその
目的に掲げてもいいが、その事業を通じて人を育み、
社会に貢献することもしっかり目的にして欲しいと
改めて思った次第。

そうじゃないと、多くの生活者の心が荒んじゃうこと
になるからねぇ~。やっぱりここは、どの会社も、
“先義後利”を掲げてもらいたいものだ。

弊社もこの春、4人が入社するわけで、
しっかり人を育まなければ…。

moba

今日はツイてる!と思ったのに…

moba1

別店舗で裾直ししてもらったパンツたち

Exif_JPEG_PICTURE

やはり“先義後利”を掲げなければ…

ページTOPへ