これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/18
2016

moba

10年、偉大なり。

ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる。
ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる。
ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる。

こんな風におまじないのように心で
つぶやきながら、朝ゴミ拾いをしているが、
なぜかこの言葉をくり返していると、
気持ちよくゴミ拾いが出来るのだ。

鍵山相談役は言う。「私の信念を入れた言葉だ」と。
ゴミを捨てる人は捨てる一方。まず拾う側にはならない。
反対に拾う人は、無神経に捨てることもしない。
この差は年月が経てば、とんでもなく大きな差になって
くると相談役はいう。まさにその通りだろう。

確かにひとつ拾えば、ひとつだけきれいになるのだ。
それ以上でもなく、それ以下でもない。
ふたつ拾えば、ふたつ分きれいになる。
私が拾ったゴミの分だけ、その通りを行きかう人は、
それらのゴミを見なくて済むということ。

それだけでも、私がゴミを拾う意味は十分
にあると思うが…。

「ともすると人間は、平凡なことはバカに
したり、軽くあしらったりする。そして、
難しくて特別なことをしなければ、成果が
上がらないように思い込んでいる人が多い。」
とも相談役は語っている。

まさに私もついついそう考えていたような…、
いや、今もときどきそう考えているかもしれない。
ところが、平凡でだれでもできるゴミ拾いが、
少しずつ少しずつ私をあるところに導いてくれて
いるように思えてならないのだ。

“人の道”と言っていいのだろうか。
(ちょっとこんな言葉を発すると
首筋がかゆくなってくるが…)

実は、こんな話しを書いてしまった理由は、
ついに10年経ったから。この飯田橋から
オフィスまでの通りのゴミ拾いをして、
何と10年経ってしまったのだ。

毎日拾っていても、毎日ゴミがあるのは
不思議ではあるが、とにかく10年レジ袋を
2つ持ち、トング片手に拾い続けたのだ。
続けさえすれば、いつの間にか年月は過ぎ
て行くということ。そして何かが間違いなく
変わっていっているような…。

それはこの通りより、私の中の何かがなのだ。
ひとつ拾えば、私の中の何かがひとつだけき
れいになっているのかもしれない。

鍵山相談役は、こんな風に目に見えるゴミを
拾うことで、心の中の見えないゴミをも拾っ
ているのだと言っていた記憶が…。(ふむふむ…)

お陰様でかなり歪んでいた私の価値観は、
けっこう修正されてきたような気もする。
さて,ここからまた10年続けるとどうなって行くのか!?
(もしかしたら神の領域に!)

あっ! 10年、偉大なり。20年、恐るべし。
30年、歴史なる。そして、50年、神の如し…
という中国の格言が…。

神の領域は遠い! あと40年続けなければ…ってことは、
100歳にしてやっと…。(トホホ…)

掃除道50年を超した鍵山さんは、
まさに“神の如し”の領域ということ。

だから、神の如しなのだ。

moba1

講演中の鍵山相談役

moba2

深い言葉が胸に響く

moba3

楽しくわかりやすく

moba4

街にはゴミがこんなに

moba5

50年…、神の如し

ページTOPへ