これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/25
2016

moba

「馬間万事塞翁が馬」という故事

オレが主役!?
それともこの大平原!?

まぁ~オレが拗(す)ねたくなる答えだろうけど…。オ
レたちポニーはサラブレッドと違ってカッコよくないし
ね。見た目の通り、足はかなり短い。当然1マイルを1分
30秒なんてスピードじゃ走れないし、だからといって、
農耕馬のようなチカラ仕事もままならない。
(“顔もでかい?!” よけ~なお世話だ。)

え~じゃあ存在理由がないじゃないかって!?

おいおい、オレたちだって活躍の場はあるんだなぁ~。
小さい子供たちには、けっこうウケるんだ。

同じくらいの目線だから、子供たちも安心して近づいて
くるし、乗せて散歩くらいなら十分楽しませてあげられ
るしねぇ~。

ぬいぐるみとカン違いして、小突いたり引っぱったりす
る子もいるけど。(ちょっと脅かしたくなるけど…)

まぁ、オレの自己紹介はこのくらいにして…。

とはいえ、この北海道の大平原にいると、なかなか仕事
がなくて…ほとんどの日が、畑のワキにつながれて草を
食んでいるだけ。みなさんのように、次から次へと仕事
があることのほうがうらやましい。

あ~せっかくだからオレの自己紹介に関わる、先祖代々
から伝わる言葉、“故事”をご紹介しよう。

「馬間(ばかん)万事塞翁が馬」だ。

あっ、みなさんの間では“人間(じんかん)万事塞翁が馬”
と言うようだけど。

馬たちの間でも意味はいっしょで、何が禍(わざわい)
で何が福か予測できないという例え。だから安易に喜ん
だり悲しんだりしない方がいいということなのだ。

だからオレの脚の長さやその姿だって、先日の皐月賞を
勝ったディーマジェスティと比較したら…屈辱のひと言。
(それにしてもディーマジェスティは強かった。馬仲間
では、ダービーで結果を出すタイプと見ていたのだが…)

でも、子供たちには、オレたちの方がず~っと身近で魅力
的に見えるわけ。ということで、人の癒し役となるオレた
ちポニーの存在理由もでてくるのだ。みなさんもあんまり
比較論ばかり展開して“ないもの”に照準を当てないこと。

隣の芝生は青く映るもの。まずは、自分の今あるもの、
自分が明日目指すべきものに照準を当て、どんどんチャ
レンジしようではないか。

ついつい、ポニーのオレがいろいろと偉そうに語ってしまった。

そう言えば、この「ビジ達」の発信者である“ナカジマ”
も、ヨコではない“タテの発想”が大切だと、あっちこっち
で語っているよね。

みなさんのビジネスでは、いろいろなトラブルも当然のよう
にやって来るわけで、それを「なんで禍が…」なんて落胆
せず、起きたものはしょうがない、ではどうカバーするか。
どう“禍い転じて福となす”かを考えることなのだ。

とにかく、「馬間万事塞翁が馬」を信じてチャレンジして
欲しい!

では今回はこの辺で…

北海道・十勝のポニーをお忘れなく…

またお目にかかれることを期待して、チャオ!

moba

馬間万事~を信じてチャレンジ

moba2

十勝のポニーをお忘れなく

ページTOPへ