これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

07/25
2016

mobamain

“マムシグサ”の美しさから学ぶ

久々の高尾山。
あるシーズンには、10回も通ったこともある高尾山。
599メートルは私にとっては、ハイキングなのだ。

それにしても今回のモバイルショットはすばらしい!

そして美しいのだ。

その果実のトップは、紫に赤い斑点。
そして赤い実がとにかく鮮やか。
誰かがクリームをつけてガーゼで
磨いたような朱赤の実。
その下にはピーマン色の鮮やかな緑。
この朱赤と緑のコントラストがまた美しい。

たぶんこの脇道を通った人は、
誰もがカメラを構えたはず。
このいろいろなものが
混在する山の中にあっては、
とにかく目立つのだ。

もう気付いた人もいると思うが、
この美しさに危険を感じた人も多いことだろう。
人は、あまりにも鮮やか過ぎ、
そして美し過ぎると、“警告”がもたらされるのだ。

多くの人が集まるパーティーなどで、
こんな存在の女性が現れると、
多くの男性には警告が発せられるはずだ。
“近づくなと…”
(でも近づいてしまうんだよねぇ~)

そろそろこの美しい植物の名を明かそう。
“マムシグサ”という。
(もちろん、私も帰ってから調べたわけだが…)

まぁ、その名前もすでに怪しいが…
とにかく、実から茎、根まで全身に毒性があるという。
(ほらほら、美しい花には棘があるだろう)

もっと調べていくと、その毒性をわかっていて、
この実を口にしたひとが結構いるのだ。
(まぁ~怖いもの見たさというか…)

「ピリピリして死ぬかと思った」
「背中が寒くなるほど不快な刺激が口に残る」
「無数の小さな針で舌を突き刺される感じ」
「唾液で口の中を洗浄しようとすると、
舌の裏側に痛みが…」
「唇も腫れている感じ」
(このくらいで十分でしょう)

実は、下山を始めてすぐに出会ったわけだが、
この美しさを目にした途端に私は
その毒性を感じていたのだ。
(調べていて“やっぱり”というわけ)

うんうん、60数年の経験からというか…、
いや、その美しさにつられて、
何度も痛い目に合ったという話ではない。

ビジネスっぽく言えば、
あまりに都合がいいタイミングで
欲しいものが現れたときは、
要注意ってこと。
紹介だからと言って、
調子よくいい話を持ち込まれたときにも
警戒が必要!

私のように、常にこちら側から仕掛けるタイプ、
すなわち次から次へとチャレンジする人には、
甘い罠はほとんどやって来ないのだが…、
いい話はないかと待っている人には、
やって来るので要注意のこと。

結果、社会性のある大きなテーマを持って、
チャレンジしている人には“マムシグサ”は
魅力的に観えないということだ。
この美しさを見た途端に、1歩2歩と後退するはず。

ところで、あの鮮やかさ、
美しさは誰のためなのだろう。

カメラマンのため?

山を登る人のため?

それとも、他の動物もあの鮮やかさに惹かれて
犠牲になっているのかもしれない。

ここで改めて、
美しい花には棘があることを、心に記しておこう。




moba1

高尾山の登山道

moba2

私にとっては登山というよりハイキング

moba3

美しい花には棘があるのだ

ページTOPへ