これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

10/17
2016

DSC01864

足さえ出せば、手はついてくるんだ!

「はぁ、はぁ、はぁ……、うっ!」
「……もっともっと!」

浜田山の髷は解け、カラダも砂で真っ黒。
それでも稽古は続く。

この2人の稽古を観ているだけでも、
私は手に汗握ってしまうのだ。

1960年代に小学時代を過ごした
“巨人・大鵬・卵焼き”世代の私としては、相撲は大好きだった。
(あんまり選択肢はなかったということもあるが…)
観るだけでなく、実際に相撲をとることも好きだったので
しょっちゅう同級生たちと組み合っていた記憶がある。
身体は小さい方だったが、とにかくカラダを使っての
勝負事が好きだったということだろう。

それはともかく、ここ芝田山部屋の稽古は何回も観てい
るのだが、毎回真剣に観入ってしまう。

この2人のぶつかり稽古は、
私たちが見始めたときには、すでに始まっていた。
もう30分ほど経つだろうか。
とにかく、何十回とくり返しているのだ。

当然、どちらの力士も、汗がいく筋もカラダをつたっている。
そんな中、先輩力士が小さな声で、
浜田山の耳もとでささやいた。
「足さえ出せば、手はついてくるんだ…足さえ出せば…」

頭で考え、手で何かすることより、足を前に出すことを
優先しろと言っているのだ。

先輩力士は、浜田山のその先を考え、
厳しい稽古をつけてくれている。
芝田山親方も、この限界にチャレンジするような厳しさがなければ、
その上には上がって行けないのだという。
この相撲の世界は、体格であり勝負センスも必要と思われるが、
何と言ってもこの厳しい稽古なくして先はないということだ。

そして、今回の訪問で私の記憶に残った言葉は、
先輩力士がささやいた「足さえ出せば…」というフレーズ。

「足さえ出せば、手はついてくるんだ」
   ↓ ↓ ↓ 
「行動にさえ移せば、何かが得られるんだ」
   ↓ ↓ ↓
「チャレンジさえすれば、結果はついてくるんだ」

やっぱり、これなんだよねぇ。

ついつい人は、足を出さずに小手先で、
その場をどうにかしようとしてしまう。
一度や二度は、その技術でどうにかなるかもしれないが、
足を出さずして、長い道のりは歩んで行けないということ。

ふむふむ。このところ、私がくり返して語っているのが、このことだ。
相撲の世界も、ビジネスも一緒。

行動しないで、チャンスなんてやって来ないのだ。
チャレンジしない人に、いい出会いなどないのだ。
行動しない人に、時流なんてわかりゃしないんだ。
チャレンジしないで、次の一手は見えて来ないのだ。

行動し、チャレンジすることで、いろいろな相乗効果が
起こるということ。

浜田山関には、厳しい稽古にも耐え、
ぜひ関取になって欲しい!

そう、足さえ出せば、手はついてくるんだ!
チャレンジさえすれば、結果はついてくるんだ!
(おっ、また手に汗握ってしまった!)

DSC01896

厳しい稽古で浜田山の背中は砂で真っ黒

DSC01876

真剣な眼差しの浜田山関

DSC01978

限界にチャレンジするような厳しさがなければ上には上がれない、と芝田山親方も語っていた

ページTOPへ