これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

11/14
2016

mobamainのコピー

“素読”が脳のアンチエイジングに!

1から120まで順番に声に出して数え、そのタイムを計る。
あなたは果たして、何秒でクリア!?

まぁ、わけないこと…と思い、
スマホのストップウォッチをスタートさせる。

1、2、3、4、5 ・・・・・115、116、117、118、119、120っと。
46秒だ!
果たして、どの程度のタイム!?

実はこれは、脳の衰えを計るテストだという。
ある雑誌の中で、「脳を鍛える○○」の川島隆太氏はあっさりと、
「大学生であれば、30秒を切るぐらいで数え終わり、
60代の方は50秒以上かかってしまいます。
これは脳が衰えたことで言葉のスピードも遅くなっているわけです」

げっ! 50秒はかからなかったが…、ショック。
脳が衰え始めているということか? いや、認めたくはない。
では、もう一度チャレンジしない手はないだろう。
今度はその気でチャレンジ!
うっ、42秒。(くやしい!)
100を超えたところから、口がうまくまわらなくなるのだ。
(何か釈然としない気分だが…、老化を認めるしかないようだ)

その雑誌のコーナーのテーマは“素読(そどく)”。
川島氏はその中で、頭の回転速度と記憶の容量は、
20歳過ぎると遅くなり、小さくなる。(へぇ~20歳がピークなわけね)
だから“素読”が効果的だという。
すなわち黙読以上に声に出して読んだ方が、
より脳の活動を活発にしてくれると言ってくれているのだ。

そして、1日に10分から15分の“素読”を行うと、
脳の前頭前野の両側の体積が増えて、
記憶力だけでなく別の脳力(能力?)まで
伸びると語ってくれているのだ。
ほほ~、これだけ専門家がはっきりと言ってくれているわけだから、
ここは実践するしかないでしょう。
脳の老化を危惧するより、ここは脳力アップにチャレンジでしょう。

私たちの年代は、まだまだアタマもカラダも
使わなければいけない立場なわけだし…。

少し前に「週の攻防“死(し)×守(しゅ)=16”時間」という話をしたが…、
やはり週に16時間は自分の時間をしっかり確保して、
その中に“素読”を組み込まなくては! …

この“素読”によって、脳が活性化し、
加齢に対抗できるのはもちろん、
新たな脳力向上も期待できるんだからねぇ~。

ちなみに、認知症のお年寄りに“素読”を続けてもらうと、
認知症の進行を止めるだけでなく、改善もみられるという。
すばらしい!“素読”。

ところで…、“素読”の効果はともかく、
こんな風に老化を気にするようになったことが、
まずの老化現象なのかもしれないが…。


mobamain

“素読”で、脳が活性化させよう!

ページTOPへ