これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

12/12
2016

mobamain

坐禅には、警策の刺激が欲しい

「残念ながら、心は鏡に映すことはできません。
その心の状態を映すのが坐禅です。」
ふむふむ、わかり易いお話。
(中山宗祐和尚、ありがとうございます!)

こんな風に自分と向き合うことが、
不断なかなかできないわけで、この試み(坐禅)が
本来の自分を取り戻すことにつながるということ。
さすがにさまざまな時代を越えて伝えられてきたもの
には、奥行きと説得力があるねぇ~。

坐禅は、調身、調息、調心が基本だという。
“調身”は身を調える。すなわち姿勢を調えてから…、
そして“調息”は呼吸を調えること。
“調心”は心、すなわち精神を調える。
ということは理解できるが、なかなか…心が調えられない。

頭の中には様々な思い、考えが駆け巡る。
あの和尚は、何歳くらいだろうか?
なぜ、お坊さんになったのだろうか?
生臭坊主になっていないのかな?
(すみません…6^_^;))

坐禅は何も考えない、考えない。
そう、坐禅は“何も考えないことを考える”なんて
言っていた人もいたなぁ~。なんて考えていると…、
おっ、和尚が警策(けいさく)を持って動き始めた。

いよいよだねぇ。
さて、だれが打たれるか。(いや、与えられるかなぁ~)
ここはやっぱり警策の1打をいただかないと、
体験にならないし…、なんて頭の中は
まだまだあれこれと走り回る始末。

そのうちに足音が近づいてくると、
思わず、警策をいただく仕草をしてしまう自分。
そして、パシッ、パシッと左肩2 回。
次は右肩をさし出し、パシッ、パシッと2 回。

お~いい音。ちょっと凝った肩には、いい按配の警策…
なんて思っていると、頭も心も動きっぱなしの坐禅
となってしまった。

実は、1年くらい前に曹洞宗の坐禅は体験していたのだ。
ところが今回は、臨済宗のお寺であり、
そのしきたりの違いにはけっこう驚いた次第。
曹洞宗は、壁に向って座るし、警策も1打だけ。
今回のは警策4打。そのお陰で警策のありがたみが
十分伝わった気分だった。

それはともかくも、この坐禅を日常のものにしようか
とも思ったりする。

私たちは、日々のビジネスや生活の中で、
ついつい目先を追い、優先順位を間違えて
しまっているのが実際なのだ。
そこで日々の中に、この心の鏡となる坐禅を活用し、
“自分”を整理整頓しながら本来の自分のあり方を
模索する。

いいねぇ。
そして、その“あり方”に向け、自分を集中投資する…。
ふむふむ、これはかなり意味ある坐禅となるかもしれない。

ところで、いろいろな迷いが出たとき、
誰が警策を与えてくれるのだろう。
私にとっては、あの警策の刺激はかなり魅力的に思えるのだ。
なぜか坐禅をやるなら、あの警策の刺激も欲しいと
思ってしまうのは…、私だけ?

いやいや、趣味の問題で言ってるわけではないよ…。

moba1

坐禅体験をさせていただいた臨済宗妙心寺派東京禅センター

mobamain

調身、調息、調心のお話しをしてくださった中山宗祐和尚

moba2

私も警策をいただいた

moba3

合間に足をほぐし…会社の皆にとっても貴重な体験となった

ページTOPへ