これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/16
2017

mobamain

マイナス20度の武者震い!

16度? いや17度?!
スゴい数値。
店を出て“3分”でその異常さに気づくのだ。

言い換えれば、3分経たないとその寒さの度合いが
わからないとも言えるのだが…。(なぜかブルブルが止まらなくなる)

とにかく、呼吸がちょっとしずらい程の張り詰めた空気感。
これが、ここ十勝ならではの冬の風物詩とも言えるのだが、
とにかく厳しい寒さ。
そして、こちらの人たちは、あえて気温に
「マイナス」をつけないところも面白い。

今回はマイナス20度超えも体験させてもらった。
マイナス15度を超すと、
濡れタオルの端を持って15回ほどグルグルと回すと、
タオルが“タオル棒”に変身する。
あの柔らかいタオルが10秒間で
凶器に変わるほどの変身なのだ。
(これは、ぜひ体験して欲しい)

いや、そんなのんきな話をしたいのではない。
私たちが今展開するワインヴァレー構想の話。
このマイナス20度を超す寒さの中、
ヨーロッパ品種のぶどうの木は、ひたすら耐えてくれている…。
この春に芽を出すためにだ!

この時期を踏んばって越えなければ、
私たちの構想のその先のステージには行けないということ。
マイナス15度が“メルロー種”などの限界温度と聞いているからだ。

もちろん、私たちメンバーは、
それをただ指をくわえて見ているわけでなく、
特別な仕掛けを施してその様子を見守っている。
果たして無事、ぶどうの苗木たちは越冬してくれるだろうか!?
まさにこの厳しい冬が、ワインヴァレー構想の試金石なのだ。

あと2ヵ月後には、その結果が出てくることになる。
あのぶどうの苗たちから、青い芽がふき出して来てくれるだろうか。
とはいえ、私のアタマの中では、すでにそのハードルを越え、
その先の次なるステージのことでワクワクしているわけだが…。
そんな発想をする役割の人間もいないと、
このワインヴァレー構想はうまく進んではいかないはず…。

寒さでブルブルの震えが、
いつの間にか構想の武者震いに変わって行く!
この武者震いが楽しい!

moba1

冬の十勝はとにかく厳しい寒さ

moba2

特別な仕掛けを施してこの厳冬を乗り越える!

moba3

まさにこの冬がワインヴァレー構想の試金石なのだ

key3

果たして無事、ぶどうの苗木たちは越冬してくれるだろうか!?

mobamain

ワインヴァレー構想のメンバーも見守っている

ページTOPへ