これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

01/23
2017

mobamain1

62歳、次なる山登りにチャレンジ!

とにかく62年間、いろいろな山に登って来たねぇ。
小さな山も多く登ったが、かなり険しい山もあった。
山を下るときも、気をつけないと危ないからねぇ。

いや、高尾山とか富士山という山ではなく、“人生における山”の話。
本当に62年の間には、大小いろいろな山があり、
とにかくどんどんチャレンジしてきた記憶が…。

もしかしたら、旅行を計画し実行することも、ひ
とつの山登りのチャレンジだろうし、
新たな事業に取り組むのもそのひとつ。
そう考えると、人生には、とにかくたくさんの山がいっぱい。

裁判所から突如訴状が届いて、その相手を強いられたのも、
人生におけるちょっと険し目の山。(無事下山したけど…)
もちろん、27歳で起業に踏み切ったのも、ビジネスにおける大きな山へのチャレンジ。
いまだにその山は途上なわけだけど…。(もう下山に入ってる!?)

38歳の頃、経営者のための勉強会をつくろうとしたのも
ビジネスの山の中の山。
自分がパーソナリティを務めるラジオ番組をスタートさせたのも、
新しい山へのチャレンジだったということ。

そして還暦と同時にチャレンジする決断をした
北海道・十勝での“ワイナリー構想”も、
これまでのビジネスの山とはちょっと違う山なのだ。
自分がやりたいかどうかで山が現われるだけでもなく、
準備がなくても、求めていなくても山は目の前に出現する。
その山にチャレンジするか、避けるかもあなた次第。

とにかく人生には、数え切れない程の山があるわけで、
その山とどう向き合うかがその後に大きく影響するのは間違いない。
そして一番大きいのが“自分の人生の山”ということ。

このところ「ビジ達」の中で私的ブームのキーワードが“リスク回避力”。
私は、この“リスク回避力”こそが、
いろいろなチャレンジを成功に導く要素だと思っている。

このさまざまな山登りを通して、どう自分の“リスク回避力”を高めるかが、
次なる山へのチャレンジを意味あるものにできるかにかかっているのだ。
もちろんそれだけではない、“自分の人生の山”の充実にも
大きく影響するということ。

お陰様でこのところは、60年を超す経験であり、
さまざまなノウハウ、そして人的ネットワークのお陰で、
その若い頃と違って、意外に山登りが上手くなったような気がする。
これが、これまでのたくさんの山を前にして
逃げずにしっかりチャレンジして来たことからなのかもしれない。
(よかったよかった)

人生は長~い。62歳までは、いつの間にか来てしまったように思うが、
やっぱり長丁場。
だから、目の前の山からは逃げずに登り、
この“リスク回避力”を自分の中にしっかり蓄積しないことには、
いい“自分の人生の山”は登り切れないということ。

まさに人生、“挑めばチャンス、逃げればピンチ”。

さて、この“ワイナリー構想”の山をどう登るか。
そして、また次なる山は目の前に現われるはず。
なぜか62歳にして、まだまだワクワクする。

応援してねぇ~。

1moba

北海道・十勝での“ワイナリー構想”は、 これまでとはちょっと違う山

moba2

さて、この“ワイナリー構想”の山をどう登るか

moba3

準備がなくても求めていなくても山は出現するのだ

moba4

"リスク回避力"を高めてチャレンジを意味あるものにしよう!

mobamain1

中島セイジ、62歳。チャレンジするからワクワクする1

ページTOPへ