これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

02/06
2017

mobamain

東川町、30余年の“見投資”

えっ! 玄関のデジタルサイネージに
“歓迎MEMUROワインヴァレー構想様”だって。
そして会議室に入ると、
東川町の松岡町長はじめ4人の各担当課長ら職員がずら~っと。
(げげげっ…6(^_^;))
恐れ入ります…と恐縮するばかり。
(ここはサービス業の会社ではなく、町役場だったよねぇ
と頭の中で再確認してみたほど…)

それだけではない。
予定の13時から15時までの2時間。
松岡町長含め、皆さんがしっかり私たちのために対応してくれたのだ。
(本当にありがとうございました)

机の上には、資料の用意もしっかりされていたのだが、
『東川スタイル』『東川町ものがたり』の2冊の出版物と
東川オリジナル商品「東川米」「大雪旭岳源水」まで
私たち全員に揃えられていた。

まさに“至れり尽くせり”“微に入り細に入り”という言葉に
合致した対応と言っていいだろう。
この姿勢こそが、多くの人を惹きつけ、
ここ20年間で1,200人もの住民増を演出しているに違いない。

そしてそして、“写真の町”を宣言する東川町が毎年展開する、
全国の高校生を対象にした「写真甲子園」。
何とこの「写真甲子園」が映画化されるというのだ。
(素晴らしい!)

写真の町を宣言してからすでに30余年。
町にはオシャレなカフェやパン工房、
セレクトショップなどがあちこちに出現し、
季節ごとの街並みの美しさにも次第に洗練さが加わって来たという。
ついに今、東川に大きな相乗効果が到来しつつあるのだ。

いろいろ前向きな施策や信念を持った取り組みは、
次第に共鳴し合い“善循環”に乗り、
大きなシナジー、すなわち“ビッグシナジー”へと
移行していこうとしているのだ。

北海道の旭川市の小さな隣町、
東川町がいま日本全国にその輝きを発し始めたのだ。
それにしても、誰かが30年、50年の先を見据え、
何かを始めないことには、そのシナジーは起きて来ない。
その始めた人たちは、
既にこの世を去ってしまっているかもしれないのだ。

ビジネスも先を見据えて投資して行かないことには、
次なる相乗効果のあるビジネスには出会えないということ。

こんな不確実性の時代こそ、
しっかりと未来を見据えての人財も含めた投資をやっていかなくちゃ。
私は、この投資のことを、
見通しある投資ということで“見投資(Fine Investment)”と呼んでいる。

さて、私たちの30年、50年先の“見投資”、
Memuroワインヴァレー構想は、
どの辺から相乗効果を演出してくれるのだろう。

まだ3年目だし、相乗効果を期待するにはちょっと早いかもしれないが、
この芽室町での構想も日本を代表する
“ワインづくり”と“まちづくり”事例となりたいものだ。
まずは、信念あるぶどうづくりと
前向きな施策をいろいろと展開しないことには…。
まだまだこれから…頑張りま~す。
(応援してね!)

mobamain

玄関のデジタルサイネージには“歓迎”の文字が!

moba1

町長を始め、皆さんがしっかり私たちのために対応してくれたのだ。

moba2

「写真甲子園」祝・映画化!

moba4

東川オリジナル商品もいただいた。

moba3

こちらの吉里さんも写真甲子園をキッカケに東川町に移住したそうだ。

ページTOPへ