これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

03/21
2017

里山志向の目覚めフォーラム_0313-1

「里山と生きる協会」発足記念イベント決定!

1、ワイナリー構想考えました。
2、ワインぶどうの苗、調達し、植えてみました。
3、会社&研究会 設立しました。
4、「&里山生活」「里山スタイル」始めました。
5、メルロー、ピノノワールなどのヨーロッパ種も、
調達し、植えました。
6、ここで視察に行くなら、もちろんフランス ボルドー
でしょう…ということで、シャトー・マルゴー、
シャトー・オー・ブリオン 訪問しました。
7、奥田政行シェフを招いて、
地元で食のイベントもしてみました。

そしてそして、ついに「里山と生きる協会」発足ということに。
いや~、丸2年とちょっとで進むこと進むこと。
2015年の構想時には、
もちろんこれらの具体的なスケジュールはなかったわけで…。

やっぱり“動中の工夫”がいかに大切かということ。
具体的に行動してみて気づくこと、
見えることが本当に多いんだよねぇ~。
その時の周りの人たちの顔つきを見て、
その状況で発想する次なる一手は、
現実味もあり 奏功することが多いのだ。
そして、“里山と生きる協会”発足という展開に!
当初に発想したワイナリー構想には、
“協会”の設立計画はもちろんなかった。

それでもここまで来て、
その目的をふと考えると…、地元地域の活性化もあるが、
本当にしたかったことは、この日本のめぐみ“里山”を大切して、
いかにサスティナブルに展開するかということ。
だからこの“里山と生きる協会”発足に至ったのだ。
“藻谷さん、石坂社長 ご協力ありがとうございます”
平議員も発起人になってくれるという。
そして、東川町の松岡町長も、
このイベントのために北海道から来て
登壇してくれることになったのだ。(すばらしい!)
日本を美しくする会の、
我らが 鍵山相談役も応援してくれるという。

実は、あることを順調にすすめたいなら、
もっと上の方の大きなステージで
注目されることがポイントだという
“三角コーン力学”があるのだ。
(中島流の力学なわけだが…)

この“力学”からすれば、
この“里山と生きる協会”の発足は、
いろいろな意味でワイナリー構想にも、
奏功してくれるはず。
(うんうん)

それはともかく、
“動中の工夫は、静中の工夫に勝ること、幾千億倍”なのだ。
白隠禅師、そして鍵山相談役、
すばらしい言葉をありがとうございます!

7月6日(木)18時、
さまざまな“動中の工夫”が展開されます!
ぜひ予定しといてください。

【里山と生きる協会ホームページ】▶︎▶︎▶︎http://satoyama.live/

里山志向の目覚めフォーラム_0313-1

7/6「里山と生きる協会」発足記念イベント開催!

里山と生きる協会簡易資料0310-1

ワイナリー構想から2年…ついに協会の発足へ

synmain

ワインぶどうも順調に育っている

里山志向の目覚めフォーラム_170322-2

イベントの詳細はこちらから

ページTOPへ