これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/03
2017

mabamain

守らなくてはならないもの!!

“どうしてくれるんだ、どう責任を取ってくれるんだ”
と電話の向こうから罵倒する取引先。半泣きになりながらも
“すみません、すみません”とひたすら謝る女性スタッフ。

その様子を目にした当時の鍵山氏は、
あまりの状況に電話を代わったという。
クレームの内容は、お客様が来店する時間までに、
約束の商品が届かなかったこと。
クレーム電話の主は、納品先のお店のマネージャーだとか。
そこで鍵山氏は、本来のお客様が店にいることを知ると、
電話に出てもらい、直接ご迷惑をかけたことを詫び、
明日昼までに必ず届けることを約束し納得してもらった。

そして鍵山氏は、納品先のマネージャーに再度代わってもらい、
商品の代金はもちろん、これまでの売掛金も不要であることを伝え…
加えて、解決することより
ひたすら人を罵倒するようなお店とは今後取引きをしたくないことを告げ、
取引停止の旨を伝えたという。
(スゴイ!)

このエピソードを聴き、
私たち経営者が“守らなくてはならないもの”というフレーズが頭に浮かんだ。
社員を守るのはもちろんだが、
それも含め会社としてしっかりとした“プライド”を持つこと。
すなわち、取引きにおいても、絶対譲れない価値観を
しっかり持つことの大切さを知ったのだ。
もしかしたら、つくる製品やサービスの品格もそれに準ずるかも知れない。

私の座右の銘である“美しく、生きる”も、
私にとって戒めであり、そして“プライド”と言えるものなのかも知れない。
(このフレーズは自分に対してはもちろん、
人との関係においても徹底しなければならないということ)

先程のエピソードには続きがあった。
鍵山氏からの“取引停止”の言葉を耳にしたその取引先のマネージャーは、
“偉そうなこと言いやがって…社長を出せ!”と息巻いたという。
そこで鍵山氏はひと言“私がその社長です”と。

今回のエピソードを聴き、鍵山相談役からは、
経営者たるものの“プライド”を学ばせてもらった。

mabamain

鍵山秀三郎相談役

moba1

お話しさせていただくたびに沢山の気づきと学びが生まれる

DSC08860

今回のエピソードを聴き、経営者たるものの“プライド”を学ばせてもらった!

ページTOPへ