これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

03/18
2013

moba

“奇跡のりんご”へのプロセス

「そのりんごは、ピンポン玉より
少し小さいサイズだったもんだから、
だれも振り向いてくれないの。
しまいには『どっから拾ってきたんですか』と…」

あの奇跡のりんごの木村秋則さんは、
10年以上の試行錯誤の末、
やっと実を結んだりんごを携えて大阪駅に着いた。

しかし、目の前を通り過ぎる誰もが“無農薬無肥料”の
言葉に耳を貸してはくれなかったという。

今から30年くらい前のことだから、
無農薬に対してもあまり関心がなかったのだ。

ただ3人づれのおばさまが、
声を掛けたことで少しだけ興味を持ってくれ、
5~6個だけ買ってくれると言ってくれた。

「いや、誰も買ってくれないから、
あげるからたくさん持っていって」と、
袋に入れて渡したという。

その人たちからの口コミで、次第に次第に
“奇跡のりんご”は拡がっていったのだ。

どんなことにも、プロセスがある。
そのプロセスを経て、いまにつながってくるのだ。

いまや、人気があり過ぎて、木村さんのりんごを
口にできる人は、ほんの一部の人たちだけだという。
あの10年の苦難のときがあったから、
いまにつながっている。

いろいろな課題が目の前に山積みしていても、
いまをプロセスととらえられるだろうか。
どんなに大変な状況であっても、
いまを“プロセス”ととらえられるだろうか。

私たちは、いまを未来の“存在理由”のための
“プロセス”ととらえられるだろうか。

木村秋則さんのマネはさすがにできないが、
その圧縮版ならできるかもしれない。

moba

奇跡のりんご

moba2

土の上での講演も行う

moba1

ページTOPへ