これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

目からウロコのおすすめ本

12/02
2013

bookTOP

『頭の回転数を上げる45の方法』久保 憂希也, 芝本 秀徳 著

ビジネスにおいて、成果を出している人もいれば、
知識やスキルがあるのになぜか成果を出せない人もいる。
一体なぜその差が生まれるのだろうか?

本作では、その能力の差をコンピューターに例えていた。
いくら便利なアプリケーションソフトウエア(知識やスキル)があっても、
処理する能力を持つOS(地頭)が機能しなければ運用できない。
つまり、頭の回転が速く仕事のできる人は、
OSが機能している(地頭がいい)ということ。
これには私も、なるほどと納得させられた。

さらに、地頭のいい人は結果ではなくプロセスを大切にする。
プロセスをおろそかにして儲けだけを求めても、
ビジネスはなかなかうまくいかないし人間性も磨かれない。

…アレ??? なんだかどこかで聞いたことのある言葉!
実は、書店で本作の「はじめに」に目を通した時に気づいたのだが、
この本には私が今まで“ビジ達”で語ってきたのと
似た内容がたくさん登場するのだ。

柔道と柔術を比較した話にも、思わず頷いてしまった。
鍛錬や心の成長に力点を置き、
プロセスやマインドに焦点を当てているのが柔“道”。
一方、柔“術”は技術の獲得や勝利など結果を重視する。
人間的成長よりも、いかに効率的に勝つかを求めるのだ。

経済優先型の今の世の中は、発想が“術”に偏りがちだ。
きっとこの先ますます“術”に偏っていくだろう。
結果だけを求めると、小手先のスキルアップや知識、
数字を上げるためのテクニックに意識が向いてしまう。

しかし、“道”を歩んでいけば、必ず自分を成長させることができるし、
本来いるべき場所に辿り着くことができる。
そして“道”を大切にして真摯に取り組んでいれば、
必ず人から選ばれ、協力を得られるようになる。

あ~この本で言うところの地頭(から)自体を
鍛えるということにもつながるのだ。

これからの時代、“道”と“術”をどう活用していくかが大切だ。
本書はそうした社会を目指さなければいけないと再確認させてくれる1冊だ!

ところで私がこの本で大きく気に入ったのは、
“はじめに”のところなんだなぁ~。

book

地頭を鍛える!

ページTOPへ