これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

目からウロコのおすすめ本

02/02
2015

book1

『スマート・テロワール 農村消滅論からの大転換』 松尾雅彦著

ここ何年か、「農村消滅論」というものが
一部で唱えられているが、これにはっきりと
NO!を唱えるのがこの本。

ポテトチップスなどのお菓子で有名な会社、
カルビーの元社長である松尾雅彦氏が書いた
『スマート・テロワール 農村消滅論からの大転換』だ。

“スマート・テロワール”とは、
「美しく強靭な農村自給圏」のこと。
里山を中心とした農村で、小さな自給圏を作り、
地域ごとに自立した経済を作っていくというものだ。

じつは松尾氏は、私が理事を務めるNBC
(東京ニュービジネス協議会)の先輩にあたる。
先日、NBCで私が担当する昼餉フォーラムに
ゲストとして来ていただいたとき、
この本の内容を中心にお話していただいたのだ。
さらに、参加者全員に本のプレゼントまでしていただいた!

この本によれば、
現代の日本における何よりの成長産業は「農業」。
今、日本で手入れされていないままになっている
耕作放棄地や水田約100万ヘクタールを畑に転換すれば、
農業は15兆円産業を創造できるというのだ。

これは根拠のない話ではなく、
美味しいポテトチップスを安定供給するため、
全国の農家とじゃがいも生産の契約を結んできた
カルビーの元社長だからこそ言えること。
日本の農業に昔から深い関わりを
持ってきた方だからこそ、説得力も増すというものだ。

また、松尾氏は、
NPO法人「日本で最も美しい村」連合のリーダーでもある。
世界に誇れる日本の美しい里山の風景・文化を守りつつ、
その農村が地産地消の経済を発展させ、
自立できるようなビジネスモデルを目指すのが、
この連合の目的だ。

今こそ、産業としての農業を見直すとき!
熱く語る松尾氏のお話に、
昼餉フォーラムの参加者は興味津津。
定員30名の集まりが満席になるほどの盛況ぶりだった。

思えば、昨年私が見学した
エジンバラのクレイジンズファームで
見てきた6次産業化も、「スマート・テロワール」
実現のひとつのカタチと言えるのではないか。

何かと“里山”づくこの頃、
偶然であるように見えて、すべては必然なのかも?
いやいや、それだけ世の中で
“里山“の需要が増してきているということ!
あらためてそう感じた出会いだった。

book

農業を15兆円産業にするとは!?

book2

熱く語る松尾氏!

book3

参加者も興味津津

book4

昼餉フォーラム記念の一枚!

book5

日本経済活性化のヒント!

ページTOPへ