これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

01/06
2014

sgt (1)

イチローの奥義

「自分が成長する可能性がなくなった時に引退する」
と語るイチロー選手は、もう40歳。
しかし、年齢による衰えをまったく感じさせない。

メジャーのグラウンドに立つ
イチロー選手を初めてこの目で見たのは、数年前。

当時はシアトル・マリナーズで活躍していた頃だが、
ホームランやヒットを連発する、
素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた
(もしかしたら、私が球場にいることを
知ってのパフォーマンスだったのかも…!?)。

そして、2013年8月には、なんと日米通算4,000本安打を記録!
そんなイチロー選手が、NHKのテレビ番組
『プロフェッショナル 仕事の流儀』にて、
こんな言葉を語っていた。

「近道はない。遠回りの方が意味がある」。

そういえば、鍵山相談役も
「“大きな努力で小さな成果”がいいんです」
と語っていたっけ…。
私たちはつい“小さな努力で大きな成果”
を求めてしまう。

しかし、イチロー選手も鍵山相談役も、
自分の流儀で道を切り拓いてきた人々は
皆この言葉に行き着く。

チームメイトの話によると、
イチロー選手は毎日必ず決まった時間に
バッティングゲージに来るという。
そして、同じ場所で同じ練習をする。

それは、162試合すべてに出場できるよう、
毎日妥協を許さずに準備をするためだ。
鍛え抜かれたその体は、
確かにメジャーリーガーとしては
小柄かもしれないが、とても強靭で柔らかいという。

「練習で100%の自分をつくらないと、
打席に立つことはできません。
自分の形を見つけておかないと、
どん底まで突き落とされます」

自分を常にベストの状態まで持っていく。
日々の生活の中でも凡事を徹底し
準備万端な状態をつくっておくことで、
対応力も身につくのだ。

「努力せずに何かできるようになる人のことを
天才というのなら、僕はそうじゃない。
努力した結果、何かができるように
なる人のことを天才というのなら、
僕はそうだと思う」

彼の華々しい活躍こそが、
まさにその言葉を証明している!

世界を舞台に活躍するメジャーリーガーであっても、
日々の積み重ねを決して怠らない。
やはり、小さい努力も惜しまずに
鍛錬を続けていくことが、道を切り拓くのだ。

まさにイチロー選手だからこその“奥義”だろう。
とはいえ、私たちのビジネスにおいても
その根本は一緒なのだ。

sgt (1)

努力なくして活躍もなし!

sgt (2)

いけいけイチロー!

sgt (3)

見事なパフォーマンス!

ページTOPへ