これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

02/16
2015

sgt (1)

“粋で細やかなおもてなし”が仕事道

“God is in the details.”

「神は細部に宿る」というこの言葉は、
細部の素晴らしさがあってこそ、
全体の価値が決定するという意味だ。

これは、主に建築デザインの世界で使われている言葉だが、
他の業界にも通じる本質を言い得ているだろう。

それを体現しているのが、
東京の水道橋にある、
「江戸の粋」をテーマにしたホテル
「庭のホテル 東京」だ。

ここは、オープンして僅か半年で
ミシュランの2つ星を獲得。
その後も6年連続で選ばれ続け、
今やその稼動率は90%を超えるという。

また、日本人の宿泊客はもちろんのこと、
利用客の6割は外国人観光客だという。
まさに「国内外問わず選ばれているホテル」といえるだろう。

では、なぜ「庭のホテル 東京」は
これほどまでに人々を魅了するのか。
その鍵を握るのが、
冒頭でも紹介した“God is in the details.”であり、
このホテルのテーマである「粋」なのだ。
そのこだわりは以下の通り。

・障子窓を活かし、主張しすぎない和モダンな空間を演出。
・客室に置かれている茶器などの備品もモダンかつ上質なものを。
・美しい日本庭園が、レストランから眺められる。
・フロントのカウンターも、
 お客様へのスムーズな対応を最優先にしたデザインに。

など。

これら以外にもまだまだこだわりは多くある
(ここでは紹介しきれないほどだ)。

このように、細部へのこだわりが徹底しているのは、
このホテルの総支配人であり、
株式会社UHMの代表取締役である木下彩氏が
「自分が泊まりたいホテル」を追求した結果にある。

木下氏が求める「泊まりたいホテル」は、
京都の雅のようなきらびやかなものではなく、
シンプルな美を好んだ江戸の庶民の“粋”。

それらを徹底して追及したからこそ、
何度でも訪れたくなる、
“自然な日本の美しさ”を感じる空間を
作り出すことができたのだろう。

また、忘れてはならないのが、
これらのこだわりの素晴らしさを裏付ける、
スタッフの存在だ。

その素晴らしい対応があってこそ、
細部へのこだわりが相乗効果を生む。
そして、国内外問わずおもてなしの心を伝えることができ、
多くの人から選ばれるに至ったのだろう。

「朝、目が覚めた瞬間から日本を感じることができる」
と評価される「庭のホテル 東京」。
国内外から選ばれ続けるそのホテルの根底には、
徹底した粋とこだわりを実践する“仕事道”が流れているのだ。


──────────────────────
国内外から選ばれ続ける「庭のホテル 東京」の
総支配人・木下彩氏の仕事道を追求!
2/22&3/7放送の『BUSINESS LAB.』をお聴き逃しなく!

InterFM『BUSINESS LAB.』
東京76.1MHz・横浜76.5MHz
毎週日曜 朝6時から好評放送中!
──────────────────────

sgt (1)

ラジオをお聞き逃しなく!

sgt (2)

入り口から気品を感じる。

sgt (3)

何気ない備品からも漂う上質さはまさに“粋”。

sgt (4)

さりげない和モダンの空間。

ページTOPへ