これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

01/04
2017

DSC08860

謹賀新年2017                 今年も“箸よく盤水を回す”が極意

「箸よく盤水を回す」
昨年12月のビジ達が700号を迎えた記事での言葉を、
皆さんは覚えているだろうか。

満杯のたらいの水(盤水)を箸一本で回しても
最初は箸しか回らない。
ところが、その箸を回し続けると、
周囲の水が少しずつ少しずつ回るようになる。
そこで、さらに諦めずに回し続けると、
輪が広がり、最後にはたらいの中の水全体が
大きな渦となって回るようになるという意味だ。

以前、紹介した本『東川スタイル』の舞台である北海道・東川町。
ここは30年前に“写真の町”として宣言し、
試行錯誤のさまざまな活動の末に注目される町となった。
その結果ここ20年間で町の人口は14%も増え、6900人から8100人に。
全国各地で人口減が進む中にあって、注目に値する町なのだ。

そして、私の友人でもある鎌倉新書の清水祐孝社長は、
20年前に60万円もするセミナーに参加していたという。
そこにはあの楽天の三木谷社長や、
ネットエイジの西川社長もいたんだって。

「いいお墓」「いい葬儀」「いい仏壇」をキーワードに、
その業界のプラットホームづくりをすすめることで
昨年、めでたく上場をはたした。
他の2人の社長も、20年前のそのセミナーに参加したことにより
新しいビジネスを作り上げて現在の活躍に至るのだ。

ここで、重要なのはどちらも20年、30年も前に
その種をしっかり蒔いていたということ。

目先ではなく、未来を見据えて
何らかの動き、チャレンジをし始めない限り、
「その時」はやってこない。
やっぱり時間をかけ、根気強く決して諦めないことが大事だってことだよねぇ。

小さな努力で大きな成果ではなく、
大きな努力をもってして小さな成果を確実に掴む。
「箸よく盤水を回す」という言葉をビジネスの極意として、
今年のセミナーや講演会でも発信していこうと思う!

DSC08860

今年もよろしくお願いいたします!

ページTOPへ