これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

02/04
2013

sny

マーフィーが語る相乗効果

「過去百年でもっとも偉大な発見は、潜在意識の力に気づいたことである。」
これは、心理学者の父と呼ばれる
ウィリアム・ジェームズの言葉だ。
潜在意識の重要性は、古くから語り継がれている。

そんな先達たちの思想を受け継ぎ、
“潜在意識の法則”を提唱したのが
ジョセフ・マーフィー。
著述家であり、牧師でもある彼は潜在意識について、
人生や生活、ビジネスに大きく作用する
重要な要素だと、
彼の著書『世界一簡単な自己表現法』の中で語っている。

普段考えていることは、潜在意識に刻まれ、無意識的に行動へとつながる。
何をどうしたいかをより明確にすればするほど、
それは現実になってくるというのだ。

実は経営者の中には、この潜在意識の力に
よって成功した方々が多くいる。
例えば、「わたしの夢には日付がある」と語った、
和民の経営者、
渡邉美樹氏。渡邉氏は、強い意識と明確なイメージによって夢を実現させた。

潜在意識に繰り返し語りかけることで、
人はいつのまにかその目標に向けて
行動をとっていくことを
実証した人物の一人と言えるだろう。

私の身近では、「なんでも鑑定団」の
北原照久氏がそうだ。
北原氏が20代の頃抱いた夢は、
アメ車に乗って海岸沿いを走ること。
そして加山雄三さんと一緒にギターを弾くこと。
さらには女優の吉永小百合さんに会うことだった。
当時の友達からは「そんなこと無理に決まってるだろ」と、誇大妄想狂扱い。

しかし、彼は何度も思い、口にし続けた。
(吉永さんとは何を話すか、
会話の内容まで考えていたという……)
そして、これらの思いはすべて現実となった。

「実現したい」ではなく「実現できる」という、
よりポジティブな考え方を何度も
何度も意識に擦り込んだことで、
すべてがイメージ通りに進んだのだ。

渡邉氏や北原氏の事例の通り、
より明確でポジティブな発想を続けていれば、
潜在意識を良い方向へと導き、
必ず結果となって表れる。
そこから、多くの相乗効果も生まれるのだ。

逆に愚痴や不安要素しか口にせず、
ネガティブな考えに陥っている人は、
潜在意識に悪影響を与え、目標を実現することは難しくなってくるだろう。

日々、目的と信念を持って生きること、
ポジティブな発想を常に潜在意識に据えておくことが大切なのだ。
潜在意識を高めることが、
生活においても、ビジネスにおいても、
良質な相乗効果に繋がるのだから。

sny

必読!マーフィーが語る自己実現法

ページTOPへ