これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

02/03
2014

sny2

言霊(ことだま)はシナジーをつくる

「頑張って育ってね」
「おっ、今日は元気がいいね」

そう、林檎の木に話しかけるのは
「奇跡のリンゴ」でおなじみの木村秋則氏。
木村氏曰く、
このように木に声をかけるだけで
木の成長に大きな違いが出るという。

それは、まだ一度も林檎の木が花を咲かなかった頃。
木村氏は、なかなか花を咲かせない
林檎の木たちに、
「どうすれば花を咲かせてくれるの?」
「今までつらい思いをさせてごめんねぇ」
などと声をかけていったという。
すると、声をかけた木のほとんどが
花を咲かせてくれたという。

そして、意図的に
1本の林檎の木だけに声をかけず、様子を見た。
すると、周りで次々とリンゴが実っていく中、
その木だけはリンゴを実らせなかったという
驚きの結果を得た。

しかし翌年、この経験から、
木村氏は林檎の木だけではなく、
畑の野菜や他の植物にも
積極的に声をかけるようになったという。

以前から私は言霊という
存在があると思ってはいたが、
この木村氏の話を聞いて、
言葉に宿ると信じられた
霊的な存在“言霊(ことだま)”は
本当にあるのだと確信した。

また、木村氏は化学肥料を使わない、
無農薬の自然栽培の実践者。
そんな木村氏は、
「無農薬栽培では、自分の眼と手、
そして会話が肥料であり農薬である」
とも語っていた。

そういえば、私の家の出窓には
4年以上連れ添っているシクラメンの鉢がある。
毎年たくさんの花をつけてくれるのだ
(すご~いでしょ!)。

その度に私は、「お前、すごいなぁ」と声をかける。
これも言葉の力の作用があるように思えてならない
(もちろん、日頃のお世話と
出窓の日当たりの良さもあると思うけどね!)。

声をかけた植物たちが成長して
木村氏を驚かせたように、
言葉は、かけられた側だけではなく、
声をかけた側にもいい影響を与えるはず。

それはビジネスにおいても
同様ではないだろうか。

人との関わりの中で相手に良い言葉をかけると、
相手との間にシナジーが生まれ、
それが相乗効果となって
自分にもよい結果をもたらすのだ。

そんな木村氏の話を聞きながら、
自分の会社のスタッフのことをふと思い出す。
これからはもっとスタッフたちにも
声をかけていこうっと!
(と、心のなかで反省…)

sny1

無農薬栽培の秘訣は“言霊”!

sny2

植物ともコミュニケーションが大切。

sny

今年も元気に咲いてくれた!

ページTOPへ