これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

03/17
2014

sny (4)

リーダーズセミナー2014

第7回目となるリーダーズセミナーが
この3月にスタートした。2014年度の参加者は16人。
今年もさまざまな会社から個性派の面々が…。

そもそもリーダーズセミナーとは何か。
私がマスターとなり、各企業の次世代を担う
リーダーたちを対象に、年6回の
視察体験セミナーや年2回のカウンセリング。
そして、その集大成ともいえる
12/1のV&Tプレゼンテーション&アワードを行うもの。
それが今年で7年目を迎える。

そんなリーダーズセミナーだが、
実際にどのような効果があるのだろうか。

①出会いと情報収集
リーダー的役割を担う人たちは日々の仕事に追われ、
どうしても異業種交流の機会が少なくなってしまう。
リーダーズセミナーでは異業種で、
さらに年齢、立場も異なる人たちが集まる
(今年の最年少は28歳で、最年長は47歳!)。
ディスカッションをし、意見交換をするという体験ができる。

②視察&体験
新しいものに出会い、それを体験することによって、
それが新たな経験となり、知識となる。

③プレゼンテーション力
視察後には必ずディスカッションする場を設けており、
自分の意見をしっかり発表しなければならない。
V&T(Vision & Tomorrow)も含め、
どう相手に伝えるかを試行錯誤をするので、
プレゼンテーション力が身につく。

④V&T発想の定着
「ビジョンを掲げ、そのビジョンに向け
明日から具体的行動に!」ということを習慣化。
一皮むけた発想力と提案力、そして実践力を身につける。

⑤人間関係の醸成
1年間、同じ釜の飯を食べ(同じ体験)、
意見交換し合うことで、
かけがえのない素晴らしい仲間ができる。

それらにプラスをして、
私が提唱する“仕事道”に対する理解と実践は
当然のようにできるようになる(素晴らしいね~!)。

すなわちリーダーズセミナーは、ただ話を聞くだけではない。
自ら体験し仲間と共有することによって、相乗効果が生まれるのだ。

2014年のリーダーズセミナーのテーマは「君子、時中す」。
“時中”とは、その時その場にふさわしい手をうち、
あらゆる矛盾・相剋を克服して、
どこまでも進歩・向上していくということ。

世の中は、ものすごいスピードで日々変化している。
その中で、立派なリーダーは常に“時中”できるかどうか。
これからの時代、そんな価値観が大切になってくるだろう。

この1年でリーダーたちがどのように変化、
進化していってくれるだろうか。
今年もフィナーレである、
12月1日の「V&Tプレゼン」が楽しみ!

sny (1)

新しいものとの出会い

sny (2)

さっそくディスカッション!

sny (3)

プレゼンのために工夫して…

sny (4)

しっかり自分の意見を発表!

ページTOPへ