これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

04/07
2014

syn (3)

ICT時代にあっても、現場主義

「百聞は一見にしかず」という諺がある。
調べてみると、その由来は
前漢の時代にあるという。

当時の漢の皇帝が敵国討伐のための戦略を
老齢の将軍に尋ねたところ、
「人から百度話を聞くよりも、現地に赴き、
この目で確かめてから作戦を立てたい」と答えた。
これが「百聞は一見にしかず」という諺の起源。

そう、2000年前も今も、
情報には現場でしか手にはいらない
“生きた(リアルな)情報”がある。

だからこそ、私が発信している
このビジ達や経営者を集めた会議では、
“現場”を意識した情報の発信・収集を大切にしている。

たとえば、先日行った
「α(アルファ)- BOSSフォーラム」での会議。
ここでは参加する経営者が近況を報告し、
お互いにアドバイスをしている。

今回はその一環として、(この会議にも参加している)
愛知県の建設会社・株式会社近藤組を視察した。

そこでは、マンション建設の様子や、
環境機器事業の現場、戸建て住宅づくりや
本社屋上にある太陽光発電の取り組みなど、
部外者ではなかなか見ることのできないところを
見学させていただいた。

今回の視察では、部屋で行う会議とはまた違った、
“リアルな情報”を得ることができた。

現代はICT(Information and Communication Technology)が発展し、
大抵の事ならインターネットで調べれば
いろいろと知ることができる。
しかし、現場の空気感や現場の声など“リアルな情報”は、
実際に見に行かなければ分からない。

そう、“現場主義”であることが大切なのだ。
ビジネスにおいても、現場を知ることで、
物事の本質を見極め、決断し、
“生きたビジネス”への展開につながる。
やはりビジネスでも「百聞は一見にしかず」ということ。

だから、ビジ達はこれからも“現場主義”!
私の目で見て感じ、そこで得た“リアルな情報”を発信することが、
これからの“生きたビジネス”を
社会に生み出すために必要になってくるのだ。

syn (3)

現場の声も有益な情報だ。

syn (4)

生の情報がたくさん

syn (5)

室内会議とはまた違った空気だ!

syn3

やはり百聞は一見にしかず!

ページTOPへ