これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

05/12
2014

syn (5)

“ターザニア”リーダーズ研修

5月に入り、ここのところは天気も良く、温かい日が続いている。
そんな天気のいい日に部屋にこもっているのはもったいない!
そうだ、アウトドアが私たちを待っている…。

というわけではないが、今回のリーダーズセミナーは
千葉県の『ターザニア』で体を動かしながらのセミナーとした。

ターザニアは、森の中で地上5~10メートルほどの高さに点在する
アスレチックを体験でき、スリルを感じながら
自身の身体能力を確認できる施設。

ではなぜ、わざわざ企業のリーダーたちがこんなスリルと
隣り合わせの体験をする意味があるのだろうか。
実はこの施設には、リーダーとして活躍するために重要なポイント
が隠されているのだ。

「子どものブランコは親も見ないが、空中ブランコには
お金を払ってまで見に来る人がいる」。
つまり、どこにでもあるものでも、誰もやらないくらいまで突き詰めれば
それがそのまま価値になるという考え方がこの言葉には隠されている。

これは、長年に渡りどこの企業にもできない極小さな部品を
製造販売したことで、世界的企業になった
小型精密部品製造会社、樹研工業の松浦元男社長の
言葉であるのだが、偶然にもこの言葉を実践できる
施設がターザニアだったのだ。

1メートルの高さのアスレチックをやるのではなく、
10メートルの高さのアスレチックを体験することで
発見できる価値を感じてもらうのが狙いなのだ。

ただし、ただスリルを感じる高さを体験することだけではない。
参加者は、アスレチックに挑戦する際に
必ず決められた場所に正しい手順で体に付けた安全ベルトを
フックに固定しなくてはいけない。

ターザニアではまず、安全対策を徹底するということを
体現しているのだ。これは、ビジネスにも大きく関わってくることだ。

困難な状況で質の高い仕事をする際には、基本の徹底こそが一番大事である。
一発勝負ではなく、常に基本を徹底してこそ
大きなチャレンジをすることができるからだ。

たまにいい仕事をするのでは、良いビジネスとは言えない。
一見些細なことに見えてしまうかもしれない行動が、
安全で確かな仕事をするためには必要不可欠ということだ。

さらに、ターザニアのアスレチックを体験することで
勇気と集団力も鍛えられる。

勇気をもってチャレンジすることができる企業こそ、
信用を勝ち取れるビジネスをしているのだ。
さらに、普段はオフィス内で仕事をしていると見えてこないような
個々の能力の差を感じ取ることができる。

施設内ではグループ行動をすることもあり、個々の能力を把握して行動したり、
お互い競い合ったりすることができる。
こらはまさにビジネスの構成に近似するのだ。

だからこそ、ビジネスリーダーとしての在り方を学ぶには
ターザニア体験は良い方法なのではないだろうか。
きっとリーダーズはこの体験から何かをつかんでくれたに違いない。


syn (1)

ターザニアで集合写真

syn (2)

徹底した安全対策講義

syn (3)

地上10メートルのスリル

syn (4)

スリルの中に完璧な安全対策

syn (5)

身体能力の限界に挑戦

ページTOPへ