これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

06/02
2014

syn1

2020年への掃除のご利益

いつものように新聞に目をやると、
興味深い記事をみつけた。
タレントのルー大柴氏が、
ひと月かふた月に一度、
誰に言われるでもなく川崎市の
公園のトイレ掃除を黙々としているというのだ。

理由が知りたくて記事を読み進めると、
鍵山相談役の著書が
そのきっかけだというではないか。

鍵山相談役の著書には、
掃除には「理屈じゃない。
口を動かすよりも、まず行動。
行動こそが自分の心を磨いてくれる」
と書いてあった。
一見華やかに見えるタレントのルー大柴氏
でさえそこに共感し、
トイレ掃除を凡事徹底しているのだ。

事実、ルー大柴氏はトイレ掃除を継続したことで
心が洗われたそうだ。
これは恐らく“掃除のご利益(りやく)”だろう。
ここで“ご利益”と言ったが、
一般的に言われているAをしたらBが
返ってくるという解釈ではない。

中島が考える“ご利益”とは、
石炭がダイヤモンドになるイメージに近い。
同じ炭素なのに熱を加え圧縮することで
大きく変化する。
つまり、とことんまでやり続けた先に
思ってもみない形で効果が表れるということだ。

ある雑誌の鍵山相談役の対談インタビューに、
甲子園で初出場初優勝という
偉業を成し遂げた
前橋育英高校野球部の監督とのものがあった。
その中で監督が活かしていたこと、
それは「凡事徹底」をテーマとして
日々の鍛錬を徹底することである。

だから、甲子園の遠征の最中ににも、
前橋での日々と同じようにホテル周辺の
掃除を毎日していたという。
そして、誰も予想していなかった
初出場初優勝という“ご利益”
につながったのではないだろうか。


掃除をすることで自分が磨かれ、
ちょっとした変化に気づくようになる。
それを見た周囲の方が応援してくれるようになり、
そのバックアップの先に
偉業が生まれたのではないだろうか。

さらに現西武ライオンズの菊池雄星投手も、
花巻東高校時代に毎日トイレ掃除をしたそうだ。
ここにも、活躍の陰には掃除の凡事徹底があったわけだ
(プロになった現在も、続けてくれているとよいのだが…)。

また、『五体不満足』で有名な乙武氏の
「新宿掃除始めます」 というポスターを
街で見かけた。

このように多くの著名人が、
いまや“誰にでもできることだが継続することが困難”
な掃除に取り組んでくれている。
それは、私としてはとっても嬉しいこと。

この徹底した努力がきっと大きな
“ご利益”につながるのではないだろうか。

2020年のオリンピックに向けて、
日本が世界から見てキラキラ光る
ダイヤモンドになれるかどうか。
それは、私たちの日々の凡事徹底に
かかっているに違いない。

syn1

ルー大柴氏の新聞記事

syn2

乙武氏「新宿掃除始めます」

syn3

前橋育英高校野球部監督の記事

ページTOPへ