これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

07/14
2014

syn (1)

Vision&Tomorrowプレゼンのシナジー

今年もこの時期がやってきた。
弊社の恒例行事V&Tプレゼンテーション
を先日開催した。
今回で16回目と、経験を重ねたこともあり、
内外から好評なイベントとなった。

V&Tとは「Vision」と「Tomorrow」のこと。
社員全員が3年先5年先の目標であるVisionを掲げ、
そのVision実現に向け明日から具体的に
何を実行していくのかすなわち、Tomorrowを
プレゼンテーションするイベントなのだ。

会社によっては年に1度経営計画発表会を行い、
経営のベクトルと目標を確認するイベントは
よく耳にする。
しかし弊社では、
年に2度の全員がプレゼンするこの
V&Tプレゼンを重視している。

V&Tプレゼンは、弊社の数々ある会議や
セミナーを集約したイベントであり、
各自の成長を促す機会でもあるのだ。

さらにそのプレゼンテーションが、
弊社の従業員や外部のオーディエンス
(各企業の社長や幹部候補生など)を招いて
行うところがポイント。

同僚や先輩、上司、そして社会の先輩や
経営者の人たちに自分の
V&Tプレゼンを聴いてもらう
ところにその内容の質と社会性が求められる。
すなわち自分が学び気づいたことを
自ら総括することが求められるのだ。

ちなみに先日、お会いした40代の国会議員の
知人は「私の目標はもちろん総理大臣です。」
とハッキリと宣言した。

彼のような政治家は、
Vision &Tomorrowが明確で、
そこにどう行きつくのかをしっかりと
考えているので、目標から遠のくような
目先の成果に目を奪われない
(もちろん高額な政治資金パーティーもしない)。

このように先々のVisionを明確にして、
マクロの視点を持って、
目の前の1つをクリアして行くことは、
そのVisionの達成に
より確実に近づいていることは
間違いないだろう。

V&Tプレゼンの後半は弊社役員の
プレゼンテーションも行われる。
その内容は自分のことだけにとどまらず
会社がこれからどうすればさらに
よくなるのかということまで考えて発表する
(私にとっては耳に心地よいプレゼンなのだ)。

こうした全体を見る力は国会議員の彼と
同様にVision &Tomorrowが
明確でなくては描けない。

それらを弊社社員が持てていることは
恐らくV&Tプレゼンの
たまものと言っていいだろう。

V&Tプレゼンでは、会社を構成する
スタッフひとりひとりが意識を高く持ち、
成長していく先を見据え、
さらにはお互いに
良い刺激を与え合ってくれる。

こうした相乗効果が
V&Tプレゼンの内容を濃くし、
さらには会社の組織の質を
向上してくれるのだ。

まさにVision&Tomorrowプレゼンこそ
シナジーを生む根源と言っていいだろう。

syn (1)

社員によるV&T

syn2

全社員が聴講する

syn3

パンアキモトの秋元社長も御来席

syn4

V&Tを聴講する各社長

syn5

最優秀プレゼンテーターと記念撮影

ページTOPへ