これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

07/28
2014

syn6

三ツ星観光地 高尾山

「こんにちは!」
「こんにちはー」
「こんにちは」
すれ違うたびに交わされる挨拶。
このさりげない挨拶だけで、
何と気持ちよく体が動かせることか。

実はこれ、先日登ってきた高尾山での一場面なのだ。
ミシュランが三ツ星の観光地に
認定したことでも知られるが、
私は首都圏に40年以上住んでいながら
登ったことがなかった。
先日の連休中に、ご縁があって登ってきたのだが、
驚いたのは登山する人たちが
みなさん冒頭のような挨拶を交わすことだ。

連休中ということもあり、
高尾山は山ガール・山熟ガール・
山ファミリーなどでいっぱい。
その人たちが、
すれ違うたびに気持ちよく挨拶を交わしているのだ。

挨拶の合間に、登っていく親子連れの子どもが
疲れているようなら「あと少しだよ!」と
声をかけてあげる。
すると、「あと少しだって!」と
元気を取り戻して子どもは再び歩き出す…
という光景も見られた。
(「あと少し」より、実際はもう少し
距離があったかもしれないが…)

こうした「こんにちは」効果も手伝ったのだろうか。
私は登山目安1時間半?ほどのコースを
1時間で登ってしまい、
下山する時もまた気持ちよく下りることができた。

高尾山の年間登山者は260万人を超えるという。
中には、年に30回40回と登る人もいるそうだ。
人気の理由は色々とあるだろうが、
私が思うに高尾山は身近で
身体に「程よい負荷」をかけてくれる観光地なのだ。

気持ちよく歩いて1時間で登頂し、頂上で一息。
そして、また1時間かけて下山。
行き帰りの移動時間を含めても、
都心からなら5時間程度だろうか。

このように首都圏から程よい立地にあることも、
人気の理由のひとつだろう。
登山によって血流も良くなり、
日頃のデスクワークで凝り固まった体もほぐれるため、
フィジカル面でも心地よくしてくれる。
さらに山でのコミュニケーションによって、
気分も爽やかになるのだ。

こうした様々な要素の相乗効果が、
日常のビジネスにも良い結果を
もたらしてくれることは言うまでもない。

ビジネスシーンの変化によってPC作業が増え、
お客様との打ち合わせも
メールで済むことが増えた現在、
高尾山登山は私たちにとって
「楽しみながら程よい負荷をかけてくれる」
観光地なのだ。

身体にとっても、
ビジネスにとっても、
意味あることが出来る身近な観光地・高尾山。

いかがだろうか、
次の週末はあなたも登ってみては?
しかし、だからといって
高尾山登山を甘く見てはいけない。
山登りには山登りの準備を!

syn1

高尾山のケーブルカー乗り場!

syn2

このように、さまざまなコースが

syn3

緑の中を歩く

syn4

すれ違う人とは挨拶を交わす

syn5

ちょっと一息…

syn6

山頂西側にて記念の1枚!

ページTOPへ