これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

08/04
2014

syn (1)

“掃除に学ぶ会”のシナジー

日常の1つでありながら、
徹底することで大きな影響をもたらす“掃除”。

私のラジオ番組『BUSINESS LAB.』(よろしく!)に、
ついに日本を美しくする会・会長の
田中義人氏が出演してくれたのだ
(私も本部世話人の1人なのだが…)。

今では全国に拠点が125ヶ所、
10万人を超える人が活動する日本を美しくする会。
発足から会長を務める田中氏は、
どのように掃除と出会い、会を発足するに至ったのか?

1991年、田中氏はとある集まりで
当時ローヤル(現イエローハット)の社長であった
鍵山秀三郎氏に出会い感銘を受けたという。

昭和20年代、鍵山氏は自動車関連会社に勤め始めた。
当初、職場は乱雑で汚く従業員も粗野だった。
そこで環境を変えなければと始めたのがトイレ掃除だ。
コツコツと掃除を続けるうちに
社員や社内の雰囲気は気持ちよく変化していったという。

鍵山氏の話を聞き、その場にいた経営者たちも
「掃除にそんな効果が?」と驚いたそうだ。

その可能性に期待した田中氏は、
近所の神社を掃除しはじめた。
数ヵ月すると、他の人々も神社を
綺麗に使うようになった。
そして、荒れていた公衆トイレも
田中氏が根気よく掃除を続けることにより、
ついには建て替えられることになったという。

掃除を通して生まれ変わった神社は、
朝陽を浴びて神々しく見えたそうだ。

鍵山氏に出会い、
掃除の話を聞いてから2年後の1993年。
「鍵山氏の掃除哲学を、
 より多くの人たちに学んでもらいたい」
と考えた田中氏は、
日本を美しくする会の発足を決断。
当初は35名でスタートした。

そして次の春には200人、
その秋には400人(!)という勢いで
規模を増していった。
多い時には全国津々浦々から800人が、
拠点である岐阜県恵那市の
日本大正村まで集まったというから驚きだ。

“掃除”は非常に身近なものだが、
大きなエネルギーを持っている。
日常の1つである“掃除”に真摯に取り組むことで、
人は大切なものに気づかされる。
掃除を通して磨かれた人の心は、
充実感や学びを得られるのだ。

昨年20周年を迎えた日本を美しくする会は、
800人を迎えて記念大会を開催した。
掃除のエネルギーがシナジーとなり、
多くの人の心を突き動かし、
いまや海外でもその活動が注目されている。

掃除は場を磨くだけではなく、
心も磨ける活動なのだ!

8/10、8/17のInterFM『BUSINESS LAB.』では、
田中氏に日本を美しくする会の
活動や哲学についてお話を伺う。
ぜひお聴きあれ!

──────────────────────
InterFM『BUSINESS LAB.』
東京76.1MHz・横浜76.5MHz
毎週日曜 朝 6時から好評放送中!
──────────────────────

syn (1)

田中義人会長と

Exif_JPEG_PICTURE

大きなきっかけを与えた鍵山氏

Exif_JPEG_PICTURE

便器と一緒に心もピカピカ!

syn (4)

全国に広がる掃除の輪

ページTOPへ