これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

10/06
2014

syn (4)

熊野三山、神々の体験

先日、経営者仲間と
「三尺三寸箸会議」のリトリートとして、
熊野出身の主催者(山本社長)が案内する形で
熊野三山と玉置神社を訪れた。

熊野三山とは、知っての通り(?)
熊野那智大社、熊野速玉大社、熊野本宮大社3つの神社の総称。
一通りまわったが、その中でも目を惹いたのは、熊野那智大社だ。

そこから見える「那智の滝」は荘厳で、
最上部から滝壺まで133mもある。
その高さは、一段の滝としては日本一の落差を誇るという。

せっかくだからと、滝壺の近くまで足を運んだ。
すると、遥か上空から水流が注がれることで発生した霧と、
風が辺りを包み、特別な空気を醸し出していた
(どこか神々のエナジーを感ずるのだ)。

その光景を10分~15分近く見ていたのだが、
不思議と飽きることがなく、
むしろ、見れば見る程集中力が研ぎ澄まされていく気分だった。

那智大社では、こうした神々の体験を経営者仲間と共有することができた
(こうして話すと那智大社には滝しかなく思われるかもしれないが、
段を上っていくと立派な社もある)。

日本の中心・発祥とまで言われる熊野の神々の力に触れる時間が、
自分の中で「ここが日本のベースなんだ」という思いを湧かせた。

そして、神々の体験のフィナーレは「玉置神社」。
実は「玉置神社」は二度目の体験。
玉置山の9合目にあるのだが、
この周辺一帯がパワースポットなのだ。

1000年を超す木々が立ち並ぶこともあり、
とにかく私たち人間が自然の中で
生かされている存在であることを気づかせてくれた。

今回は、経営者仲間と一緒に行ったことで、
互いに、巡った地についてどう感触を得たのかという会話ができ、
これまで以上の収穫を得ることができたのだ。
まさに相乗効果。

そして、今回の主催者が熊野出身で、
この地の歴史に造詣が深く、
その地の価値を理解してもらおうと努めてくれたことも大きい。

だからこそ、私たちは「日本の神々」の奥行を感じ、
「日本」という国のかけがえの無さを再認識できたのかもしれない。

熊野三山巡り。まさにこれこそ神々の体験?

syn (1)

玉置神社の社

syn (2)

玉置神社への道中、記念撮影

syn (3)

熊野本宮大社

syn (4)

Mr.セイージも同行

syn (5)

Mr.セイージも神々の体験

ページTOPへ